発酵食品は身体にいい!その効果効能!

日本は発酵食品の宝庫です。昔から、味や醤油、納豆、漬物などの発酵食品が親しまれてきました。美味しいだけでなく、身体にいいといわれています。その発酵パワーをみてみましょう。

発酵食品の効果

便秘解消に!
善玉菌が多く酸性の腸内では、腸が刺激され、蠕動運動が盛んになり、快便となります。発酵食品を意識して食べることで便秘が解消します。また、善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維を積極的に食べることで、良い腸内環境を保つことができます。

免疫力アップに!
免疫力の半分以上は、腸内にあるといわれています。腸内環境を良くすることで、免疫力が上がります。

アレルギー改善に!
腸内環境が良くなると、免疫力が上がります。免疫力が上がることで、自律神経のバランスが悪くて起きるアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が改善します。

癌予防に!
腸内細菌の中には、腸内に炎症を起こさせるものがいます。そうなると腸内環境が悪くなり、腸壁が癌化してしまいます。アメリカの研究で、排便が毎日ある人と週2回しかない人とでは、乳癌になる確率が1/5という発表がされています。

肝機能維持に!
細菌が産生する毒素が血液で運ばれ肝臓へ入り込み、肝硬変、肝臓癌になる場合があることがわかってきました。腸内環境を良くすることで予防できます。

糖尿病予防に!
糖尿病、糖尿病予備軍の人の腸内では、善玉菌が少なく、悪玉菌が多いことがわかってきました。善玉菌が優勢な腸内にすることで予防できます。

ダイエットに!
便秘で腸内環境が悪くなると栄養をスムーズに吸収できなくなり、皮下脂肪や内臓脂肪となって溜まりやすくなります。腸内環境が良くなり便秘が解消することにより、ダイエットへと繋がります。

美肌に!
便秘の腸内では、悪玉菌が有害物質をつくり出し、それが血液で運ばれ肌細胞がつくられるため、肌トラブルが起こります。腸内環境を良くすることでこれが解消され美肌つくりへと繋がります。

うつ病などの自律神経疾患改善に!
腸は第2の脳といわれています。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは、腸内でつくられます。腸内でセロトニンができたことが情報として脳に伝わることにより脳内のセロトニンが増え、脳は幸せを感じることができます。

ストレス軽減に!
ストレスがかかると、交感神経が優位になり自律神経のバランスが悪くなります。腸内に善玉菌が多いと副交感神経が活性化され、バランスが良くなり、ストレスの緩和がされます。

発酵食品の効能

腸内には100兆もの細菌が棲みついています。これら腸内細菌は、健康維持や病気・老化防止などの働きをします。理想的な腸内環境にするには、発酵食品を食べて微生物を取り入れることが近道です。微生物は腸内の善玉菌を活性化し、繁殖します。実際には、生きたまま腸に届く微生物は多くはありませんが、死んで届いても、腸内の善玉菌を刺激し、活性化します。善玉菌が増えると、それが産生する乳酸や酢酸も増え、腸内の環境が酸性になります。すると、アルカリ性の環境を好む悪玉菌は繁殖しにくくなります。そうすることによって腸内環境がよくなり、身体は恩恵を受けることができるのです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。