発酵食品の効能をさらにアップする効果的な食べ方

デトックス

発酵食品を毎日の生活の中に取り入れれば、健康な生活に一役買うことはわかっているのに、毎日が忙しく、なかなか実行できないと思っている人が多いと思います。しかし、そんな忙しい人も、ちょっとした工夫で毎日発酵食品を摂ることができるのをご存知でしょうか。

そして同じ発酵食品を摂るのなら、発酵食品の効能をさらにアップする効果的な食べ方をしたいと思いませんか。発酵食品の効果的な食べ方や、簡単に生活に取り入れることができる方法を考えてみましょう。

効果的な食べ方は発酵食品を毎日続けて摂ること

腸内環境を整えたり、免疫力を高めてくれたりする発酵食品ですが、一度にたくさんの発酵食品を食べれば効果があるわけではありません。何よりも大切なのは、発酵食品を毎日食べ続けることです。

発酵食品を食べることで摂取できる善玉菌と呼ばれる微生物は、3日ほどで体外へ排出されてしまいます。そのため、腸内環境を整えるためには、ヨーグルトや漬け物などの発酵食品を継続して摂るのが効果的な食べ方なのです。

発酵食品の効果的な食べ方で体内の善玉菌を育てる

ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵食品の中に含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きがありますが、腸内に到達する前に胃酸などで死滅してしまうものがいます。

特に、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる動物性乳酸菌は耐性が弱く、腸に到達する前に数が減少してしまいがちです。けれども、オリゴ糖を同時に摂取することで減少数を減らすことができることが分かってきました。

オリゴ糖はゴボウやタマネギなどの野菜や、納豆やきなこなどの大豆製品、バナナやはちみつなどに多く含まれます。バナナにヨーグルトとはちみつをかけて食べるのは、簡単に乳酸菌とオリゴ糖が摂取できる効果的な食べ方なのでおすすめです。

また、食物繊維も善玉菌の栄養となるので、野菜サラダにチーズをトッピングしたり、ヨーグルトでドレッシングを作ったりするのも効果的な食べ方です。

発酵食品は加熱しないのが効果的な食べ方というわけではない

甘酒やヨーグルトなど発酵食品は、できるなら加熱しないのが効果的な食べ方です。なぜなら、発酵食品に含まれる酵素や微生物は熱に弱く、加熱することで変成したり死滅したりしてしまいます。甘酒などは、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」や、糖を分解する「アミラーゼ」などの酵素を多く含む発酵食品ですが、その効能を期待するならば加熱しないのが効果的な食べ方です。

けれども、麹菌や乳酸菌などは、加熱により死滅した後でも腸内で有益な働きをするということが報告されています。例えば、死滅した乳酸菌は腸内で食物繊維と同じように働き、善玉菌を増やします。加熱しても、発酵食品の健康効果は無くならないのです。

朝食には積極的に発酵食品を

発酵食品を一番取り入れやすいのは、朝食ではないでしょうか。和食では、みそ汁に納豆、漬け物と発酵食品が並びますし、洋食でもパンにヨーグルト、チーズなど発酵食品を食卓に並べるのは比較的簡単です。

そして、発酵食品の腸内環境を整える効果を期待するならば、朝食前に軽いストレッチ運動をしてみてはいかがでしょうか。ちょっとした隙間時間の運動で腸に刺激を与えれば、発酵食品が腸内環境を整える効果は、さらにアップするはずです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。