発酵食品の乳酸菌に注目!驚くべき効能!

乳酸菌の効能

乳酸菌は免疫力を高める
人は、乳酸菌と長い間付き合ってきました。乳酸菌は、糖を摂取して乳酸を産生します。形態的には桿菌と球菌があります。乳酸菌には整腸作用があります。生きた乳酸菌は、腸内で乳酸菌を産生することで腸内の㏗を低下させ、腸管運動を活性化させ、便秘を改善することが報告されています。また、ビタミンB,Kを合成したり、カルシウムの吸収を促進したり、乳糖不耐症を予防することなども知られています。また、腸管㏗が低下することで、有害菌の増殖を抑制することが報告されています。これらの整腸作用は、乳酸が関与しますので、乳酸菌が腸内で生きていることが必要です。また、腸内の有害物質や発癌性物質を低下させ、腸内環境を改善する作用は、これらの物質が乳酸菌の細胞壁に付着して大便とともに排泄されるためで、生きた菌および死んだ菌ともに効果があります。「生活習慣病などの予防作用」も明らかになりつつあります。高脂血症を軽減したり、高血圧を緩和したり、近年急増している炎症性腸疾患を軽減するとの報告もあります。

乳酸菌の機能性

乳酸菌は、糖などの栄養素が整っていればどこでも生育し、あらゆる食品や人・動物の消化管で生育しています。乳酸菌を利用している発酵食品に、動物性食品ではヨーグルトやチーズなどがあり、植物性食品では日本で古来より伝承されている味噌、醤油、日本酒および漬物などがあります。野菜や炊き置きしたご飯などでも、乳酸菌は生育します。また、魚介類の保存の目的で、わが国各地で伝承されている熟(な)れ寿司などでも生育しています。乳酸菌の研究は、動物性乳酸菌や人腸管から分離された乳酸菌が中心となり進展してきました。現在では、乳酸菌の分類、栄養、代謝、腸内細菌や腸管上皮細胞との相互作用および生体調整機能などが、遺伝子レベルや分子レベルで明らかになってきました。一方、我が国で古来から摂取されてきた植物性発酵食品や、魚介類発酵食品から分離された乳酸菌についての研究は、十分には行われてはいません。しかし、最近の研究では、味噌、醤油、酒粕、漬物などの植物性発酵食品から分離された乳酸菌にも、多くの機能性があることがわかってきています。味噌、漬物(長野県木曽地域の塩を使わないすんき漬け)、微生物発酵茶(高知県大豊町の碁石茶、徳島県相生町の阿波番茶)製造過程から分離された乳酸菌の保健機能を研究した結果、味噌、すんき漬け、阿波番茶などの製造過程から、近年増加の一途をたどるアトピー性皮膚炎や花粉症などの、I型アレルギー疾患を軽減する作用をもつ乳酸菌が見つかっています。また、ピロリ菌の増殖を抑制する働きがある乳酸菌や、免疫力を高めてインフルエンザを予防する働きが期待できる乳酸菌も、すんき漬けから見つかっています。現在も、最新の実験モデル動物、技術、機器そして解析方法などを駆使して、詳細な研究を進めているところです。今後、日本各地に伝承されている伝統発酵食品から分離された乳酸菌の機能や効能が、分子生物学、免疫学や遺伝子学などの進展を通じて、さらに科学的に解明されるでしょう。
※碁石茶…茶葉を大釜で蒸し、むしろに包んで約1週間、踏圧を加えながら発酵させます。これを茶桶に入れ蒸し汁をかけて人が踏みつけながら詰め、重石をかけて7~10日間、乳酸菌発酵させます。これを臼でひいて、碁石状に固めます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。