発酵食品のチカラ!乳酸菌の効果

乳酸菌で免疫力アップ

ウイルスは抗生物質では死にません。インフルエンザは、インフルエンザウイルスが空気を伝播して呼吸器に侵入して起こす病気です。呼吸器の細胞に吸着して細胞内に侵入後、増殖、出芽し、多数の子孫ウイルスができます。さらにこれらが周囲の細胞に吸着し、同様に増殖して無数の子孫ウイルスが出現します。その結果、多くの細胞が壊れ、インフルエンザウイルスが体内に侵入して発症します。頭痛、発熱、腰痛、関節痛および肺炎を誘発して死亡する場合もあります。毎年冬季に流行しますが、ウイルスはしばしば遺伝子の組み換えを起こし、世界的大流行へと発展します。ウイルスは、栄養があっても自身では増殖できず、他の生きた細胞でのみ増殖する寄生生物です。大きさは約1万分の1mmであり、細菌の約20分の1です。肉眼や光学顕微鏡では見ることはできず、電子顕微鏡でのみ見ることができます。ウイルスには、インフルエンザウイルスのほかに、空気を伝播媒体とする麻疹ウイルスや風疹ウイルス、血液を伝播媒体とするエイズウイルスやBおよびC型肝炎ウイルス、蚊を伝播媒体とする日本脳炎ウイルス、食べ物を伝播媒体とするノロウイルス、ロタウイルス、ポリオ(小児麻痺)ウイルスなど、多くの種類があります。細菌は抗生物質で死滅させることができますが、ウイルスは死滅させることができず、むしろ重症化させてしまいます。

インフルエンザ予防には免疫力アップ

インフルエンザを予防するには、第一に日常でできる方法があります。
栄養や休養を取り、運動や規則正しい生活などで体力をつけ、抵抗力を高めること
人ごみを避けること
適度な温度、湿度を保つこと
外出後の手洗いとうがいを励行すること
マスクを着用すること
第二に、ワクチン接種があります。流行までに免疫をつけておく必要があるため、1カ月前までには接種します。季節性インフルエンザの場合は10~11月に接種が必要です。また、免疫力を高める食品として乳酸菌が注目されています。免疫とは、外敵から体を守ることで人や動物には免疫が備わっています。特定の乳酸菌にはこの免疫力を高め、インフルエンザを予防する働きがあることが動物実験で明らかになってきました。

乳酸菌が獲得免疫を増強

免疫調整機能と疾病予防作用の研究が急速に進展しました。人や動物には、病原体から体を守るために免疫が備わっています。免疫には、常に存在している自然免疫と、病原体などに出会った後で出現する獲得免疫があります。特定の乳酸菌は獲得免疫を増強して感染症を予防したり、自然免疫を活性化して感染症や癌を予防したり、lgE産生を抑制してアトピー性皮膚炎や花粉症などのI型アレルギーを軽減することが明らかになってきました。このような免疫力を調節する働きは菌体自身にあるため、生菌でも死菌でも効果があります。インフルエンザの予防、治癒には、自然免疫と獲得免疫が関与します。特定の乳酸菌は、自然免疫に関与する代表的なナチュラルキラー細胞(NK細胞)やマクロファージ細胞の活性を高めることがマウスの実験で明らかになりました。特定の乳酸菌を摂取すると、腸管のパイエル板に取り込まれ、その乳酸菌はそこにいるナチュラルキラー細胞やマクロファージ細胞などを活性化します。活性化されたこれらの細胞は、体内を循環して呼吸器に留まります。このような時にインフルエンザウイルスが侵入して呼吸器の上皮細胞で殖え始めると、上皮細胞は異常な形になります。活性化されたナチュラルキラー細胞は、異常になった細胞を見つけて殺してしまいます。また、呼吸器に留まっている活性化されたマクロファージ細胞なども、ある種のたんぱく質を産生しインフルエンザウイルスの増殖を阻止します。

乳酸菌で免疫力アップ

ウイルスは抗生物質では死にません。インフルエンザは、インフルエンザウイルスが空気を伝播して呼吸器に侵入して起こす病気です。呼吸器の細胞に吸着して細胞内に侵入後、増殖、出芽し、多数の子孫ウイルスができます。さらにこれらが周囲の細胞に吸着し、同様に増殖して無数の子孫ウイルスが出現します。その結果、多くの細胞が壊れ、インフルエンザウイルスが体内に侵入して発症します。頭痛、発熱、腰痛、関節痛および肺炎を誘発して死亡する場合もあります。毎年冬季に流行しますが、ウイルスはしばしば遺伝子の組み換えを起こし、世界的大流行へと発展します。ウイルスは、栄養があっても自身では増殖できず、他の生きた細胞でのみ増殖する寄生生物です。大きさは約1万分の1mmであり、細菌の約20分の1です。肉眼や光学顕微鏡では見ることはできず、電子顕微鏡でのみ見ることができます。ウイルスには、インフルエンザウイルスのほかに、空気を伝播媒体とする麻疹ウイルスや風疹ウイルス、血液を伝播媒体とするエイズウイルスやBおよびC型肝炎ウイルス、蚊を伝播媒体とする日本脳炎ウイルス、食べ物を伝播媒体とするノロウイルス、ロタウイルス、ポリオ(小児麻痺)ウイルスなど、多くの種類があります。細菌は抗生物質で死滅させることができますが、ウイルスは死滅させることができず、むしろ重症化させてしまいます。

インフルエンザ予防には免疫力アップ

インフルエンザを予防するには、第一に日常でできる方法があります。
栄養や休養を取り、運動や規則正しい生活などで体力をつけ、抵抗力を高めること
人ごみを避けること
適度な温度、湿度を保つこと
外出後の手洗いとうがいを励行すること
マスクを着用すること
第二に、ワクチン接種があります。流行までに免疫をつけておく必要があるため、1カ月前までには接種します。季節性インフルエンザの場合は10~11月に接種が必要です。また、免疫力を高める食品として乳酸菌が注目されています。免疫とは、外敵から体を守ることで人や動物には免疫が備わっています。特定の乳酸菌にはこの免疫力を高め、インフルエンザを予防する働きがあることが動物実験で明らかになってきました。

乳酸菌が獲得免疫を増強

免疫調整機能と疾病予防作用の研究が急速に進展しました。人や動物には、病原体から体を守るために免疫が備わっています。免疫には、常に存在している自然免疫と、病原体などに出会った後で出現する獲得免疫があります。特定の乳酸菌は獲得免疫を増強して感染症を予防したり、自然免疫を活性化して感染症や癌を予防したり、lgE産生を抑制してアトピー性皮膚炎や花粉症などのI型アレルギーを軽減することが明らかになってきました。このような免疫力を調節する働きは菌体自身にあるため、生菌でも死菌でも効果があります。インフルエンザの予防、治癒には、自然免疫と獲得免疫が関与します。特定の乳酸菌は、自然免疫に関与する代表的なナチュラルキラー細胞(NK細胞)やマクロファージ細胞の活性を高めることがマウスの実験で明らかになりました。特定の乳酸菌を摂取すると、腸管のパイエル板に取り込まれ、その乳酸菌はそこにいるナチュラルキラー細胞やマクロファージ細胞などを活性化します。活性化されたこれらの細胞は、体内を循環して呼吸器に留まります。このような時にインフルエンザウイルスが侵入して呼吸器の上皮細胞で殖え始めると、上皮細胞は異常な形になります。活性化されたナチュラルキラー細胞は、異常になった細胞を見つけて殺してしまいます。また、呼吸器に留まっている活性化されたマクロファージ細胞なども、ある種のたんぱく質を産生しインフルエンザウイルスの増殖を阻止します。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。