日本人にお勧めの発酵食品一覧

甘酒

発酵食品は摂取することで体に様々な健康効果をもたらします。この効果を最大限に得るポイントは短期間で大量に摂取するのではなく、毎日少しずつ継続して摂取することです。

日本人にお勧めの発酵食品の条件

1.入手しやすい発酵食品
体にいい作用をもたらす発酵食品であっても、入手が困難なものであれば継続して摂取することは難しいです。
安価でどこのスーパーでも売っているような定番の発酵食品を少しずつ毎日摂ることで健康な体作りができます。

2.飽きにくい発酵食品
日本人にあまり馴染みのない発酵食品は最初のうちは珍しいためたくさん食べることができますが、すぐに飽きが来て食べ続けられなくなります。
昔から食べている馴染み深い発酵食品は飽きが来にくく、毎日の摂取に向いています。

3.アレンジがしやすい発酵食品
日本人に馴染みのある発酵食品であれば料理本やインターネットでアレンジレシピを調べることができます。
様々な食べ方を試すことで飽きがこず、食べ続けることができます。

4.加熱をせずに食べられる発酵食品
発酵食品を作る微生物の中には熱に弱く、加熱すると死滅したり効果が弱まったりするものも多く存在します。
効果を十分に得るために熱を加えなくても食べることができる発酵食品が健康な体作りに向いています。

5.ご飯のお供となる発酵食品
日本人の主食は米です。そのご飯と相性がいい発酵食品を選ぶことで毎日の食事に発酵食品を取り入れやすくなります。
食べるときは発酵食品に含まれる微生物の働きを妨げないよう、熱々のご飯の上に乗せて食べないよう気をつけると発酵食品本来の力を発揮します。

日本人にお勧めの発酵食品1:納豆

納豆には細胞の成長や再生を促すビタミンB群、新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミン、整腸作用のある食物繊維、骨の健康に必要なカルシウム、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、肌荒れの改善に役立つ大豆レシチンなど様々など様々な栄養成分が含まれています。
また、納豆特有のナットウキナーゼは脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を予防したり、すでにできてしまった血栓を溶解したりする効果が期待できます。

日本人にお勧めの発酵食品2:漬物

漬ける野菜により多少異なりますが、漬物には整腸作用が期待できる乳酸菌、細胞の成長や再生を促すビタミンB群、糖尿病予防に役立つ食物繊維、骨の健康に必要なカルシウム、美肌を作るビタミン類など多くの栄養成分が含まれています。
漬物と一口に言ってもその種類はぬか漬け、キムチ、味噌漬け、麹漬けなど様々であるため飽きる心配がありません。
漬物は塩分を多く含む食品であるため食べ過ぎには十分に注意を払う必要があります。適量を守ることで体を健康へと導きます。

日本人にお勧めの発酵食品3:甘酒

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な食品です。疲労回復効果があるブドウ糖、整腸作用があるオリゴ糖、細胞の成長や再生を促すビタミンB群、美肌効果が期待できるコウジ酸、抗酸化作用や高血圧予防効果がある麹菌などが含まれています。
甘酒は冬に飲むものというイメージが強いですが、疲労回復効果があるため夏バテをしている時にもお勧めです。
市販の甘酒は砂糖が添加されているものもあるため、出来るだけ無糖のものを選ぶことで肥満予防となります。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。