味噌がダイエットにいい理由!発酵食品のチカラ

味噌のチカラ

「味噌は医者いらず」と昔からいわれてきました。
酵母菌や乳酸菌が生きている樽で造られた 生味噌には、さまざまな健康効果があります。大量生産の現代味噌は、コスト削減のために添加物を使用して短期間で発酵させ、また、発酵が進まないように加熱処理して出荷されているものが多く出回っています。それでは、微生物は死滅し、酵素は失活してしまっているので、健康効果も半減してしまいます。味噌を選ぶときには、どのように造られたかを確認し、天然醸造のものを選ぶことをお勧めします。天然醸造味噌の効果とその中から特にダイエット効果に注目したいと思います。

味噌の効果

・糖尿病予防
・癌予防
・老化防止
・消化促進
・整腸作用
・ダイエット
・免疫力増強
・アトピー性皮膚炎改善
・美肌効果
・放射線物質除去
さまざまな健康効果のうち、ダイエットに注目してみましょう。

酵母菌の働き

天然醸造味噌には、酵母菌、乳酸菌など人間の身体にいい働きをしてくれる微生物がいます。その中でダイエットに効果的に働くのは、酵母菌です。
酵母菌は、食事の糖質を体内で吸収される前にアルコールと炭酸ガスに分解します。この働きにより糖質の過剰な吸収を抑制し、肥満を予防し、血糖値の上昇を抑制します。酵母菌がダイエットに効果的である理由はこのようなことからです。

味噌の褐色色素メラノイジンの効果

味噌は、大豆・麹・塩を原料とし、発酵・熟成の過程を経て生成される物質にメラノイジン・遊離リノール酸があります。それらの物質は、長期熟成された味噌、特に赤味噌に多く含まれています。このうちメラノイジンの働きに注目してみましょう。
メラノイジンは、耐糖能効果があり、血糖値の上昇を抑制します。その結果、糖尿病予防に効果的です。また、インスリン分泌を促進し、糖尿病を改善します。味噌は、塩分の摂り過ぎになるのではないか、と心配する声も聞かれますが、実は、長期天然醸造された味噌は、ACE阻害する作用があり、血圧を下げます。また、ニトロソアミンの毒性を中和し、胃癌防止効果があり、トリプトファン阻害作用がさまざまな癌を抑制します。強力な抗酸化作用が活性酸素を除去し、細胞の老化防止効果・癌予防効果があります。腸内の乳酸菌の増殖を促進し、悪玉菌の増殖を抑えることにより免疫力を高めます。

味噌の色と分類

味噌の色の違いは、発酵・熟成の過程で起こるメイラード反応によって起こります。これは、微生物が活動するときに出す酵素の働きにより、原料の大豆がアミノ酸に分解され、それが糖と反応して変化することで褐色になります。このメイラード反応が十分に起こった味噌ほど、メラノイジンの褐色の高分子結合体が増えて、赤く濃い色になります。赤味噌が一番ダイエットにも効果的です。

ダイエットに効果的な食べ方

味噌は、余分な糖分の吸収を抑制してくれます。食べる前に味噌汁を飲むことで、その効果が得られます。また、酵母菌、乳酸菌などの微生物は、加熱することで死滅してしまいます。味噌汁をつくる時には、具を煮立て火を止めてから味噌を溶くようにすると、これら微生物の効果も得ることができます。味噌を購入するときには、長期醸造され、褐色色素メラノイジンが多く含まれるものを選びましょう。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。