発酵食品にいる微生物とは?その効果とは?

私たちの健康を左右する腸内細菌

全身の健康と美は腸で保つ!第二の脳といわれている腸。お花畑(フローラ)には、さまざまな種類の花が咲き誇っています。私たちの腸内には、100兆個もの腸内細菌が生きていています。この様子を例えて腸内フローラといいます。大切に管理されているお花畑の花々は美しく、私たちを喜ばせてくれます。腸内のお花畑も同じです。自己管理をして腸内環境を整えることで健康を維持することができます。腸内細菌の中には、私たちの身体に良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌がいます。そして、どちらにも属さない日和見菌がいます。食生活や生活習慣の乱れからこのバランスが崩れ、腸内環境が悪化し、体調不良を招いてしまいます。悪玉菌がいなければ健康かといえば、そういうわけではありません。雑草にも土壌を改良して虫などから植物を守るという役割があるように、悪玉菌にも果たす役割があります。大切なのは、3つの腸内細菌のバランスです。善玉菌・悪玉菌・日和見菌が、2:1:7の割合になっているのが理想的といわれています。腸内細菌の代表的なものを知り、善玉菌が多くいる発酵食品などを取り入れ、毎日の食事に効果的に取り入れましょう。

腸内細菌の種類

善玉菌…消化吸収を助け、腸の働きを良くし、ビタミンを合成します。私たちの健康を支えるためのいい働きをします。

悪玉菌…腸内を腐敗させたり、有害物質を作り出したりします。私たちの健康を阻害したり老化を促進したり、悪い働きをします。

日和見菌…身体が健康なときは、何の働きもしません。悪玉菌が増えて身体が弱ってくると悪玉菌として、私たちの身体に悪い働きをします。

善玉菌
ビフィズス菌
強い殺菌力で悪玉菌の増殖を防ぐ!
強い殺菌力のある酢酸や乳酸を作り出し、悪玉菌の増殖を防ぎます。特に、病原性大腸菌O157の予防効果が高いです。全てのヨーグルトに含まれているわけではなく、ビフィズス菌を加えたヨーグルトにのみ含まれています。

乳酸菌
腐敗を防ぎ良い腸内環境を作り出す!
悪玉菌の増殖や毒素の発生を防ぎます。腸内を弱酸性に保ち、腸に入ってきたものを腐敗ではなく発酵させる環境をつくります。また、蠕動運動を良くする働きがあります。ぬか漬け、味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。

フェカリス菌
死滅していても効果がある!
乳酸菌の一種です。乳酸菌は腸まで生きて届くことにより効果が得られるのに対し、フェカリス菌は加熱殺菌で死滅していても効果が得られます。乳酸菌同様に腸内環境を整えます。特に免疫力を高める効果が高く、花粉症などのアレルギー反応を緩和する働きがあるといわれています。

アシドフィルス菌
胃液で溶かされずに腸まで届く!
乳酸菌の一種です。熱や酸に強いので胃液で溶かされることなく、生きたまま腸まで届きます。悪玉菌の増殖を抑え、アレルギー性皮膚炎に効果のあるビオチンというビタミンの一種の生成を助ける働きがあります。

悪玉菌
クロストリジウム
激しい下痢や腸炎を起こす!
クロストリジウム菌は、軽い下痢から酷い腸炎まで引き起こす可能性がある細菌です。なかでもクロストリジウム・ディフィシル菌は抗生物質の服用により腸内バランスが崩れると増殖すると考えられています。院内感染もしやすいので注意が必要です。

ブドウ球菌
健康なときには害はなく身体が弱ったときに注意!
健康なときには害はありませんが、免疫力が低下したときには食中毒の原因となったり、ニキビや水虫などの疾患を引き起こすきっかけとなったりします。

ベイヨネラ
歯周病の原因菌!
歯周病菌の原因菌の一つで、歯肉の奥に潜んでいます。治療をせずに放っておくと全ての歯が抜けてしまったり、血管の中に歯周病菌が入り込み全身を循環し、血管の壁をもろくしたり血栓ができる原因のひとつにもなります。

日和見菌
大腸菌
食中毒を起こさない非病原性大腸菌!
大腸菌には、悪玉菌である病原性と日和見菌の非病原性大腸菌とがあります。非病原性大腸菌は毒素を作らないので腸に定着していても食中毒は起こしません。腐敗物質を生み出す一方、人間に有益なビタミンKを合成したりします。

バクテロイデス
肥満予防に効果的!
便の8割を占める菌です。バクテロイデス菌が作り出す短鎖脂肪酸が脂肪の吸収を抑制してくれます。痩せている人と肥満の人を比較すると、肥満の人は、バクテロイデス菌が少ない傾向にあります。善玉菌が多いと自然に増えるので、腸内環境を整えることが大切です。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。