今話題の発酵食品!簡単ポットでつくる甘酒レシピ

簡単甘酒のつくりかた

日本の伝統的な発酵飲料、甘酒。ビタミンや酵素、必須アミノ酸など、美容や健康に良いとされる成分が含まれることから、「飲む点滴」といわれています。夏バテ防止や滋養食として、冬は温めて、夏は冷やしたり、凍らせてシャーベットにしたり、生姜やシナモンを加えても美味しくいただけます。自然な甘さを生かして、料理やお菓子作りの砂糖代わりにも使用できます。

米と米麹で簡単につくれる甘酒です。ここでは、さらに手軽にできる作り方をご紹介します。手作りの味は格別です。デザートや料理に幅広くアレンジするのもお勧めです。

甘酒の種類

甘酒には、米麹だけでつくるものと、米麹と米(お粥)を原料としてつくるものと、酒粕を原料としてつくるものがあります。その配分具合もさまざまです。それぞれの家庭の味がつくれるのが魅力でもあります。

調味料としての甘酒

麹菌が繁殖するときに分泌したでんぷん分解酵素が、米のでんぷんをブドウ糖やオリゴ糖などに分解するため甘くなります。さらに、たんぱく質分解酵素が米のたんぱく質をアミノ酸に分解するので、旨味もでます。また、ビタミンもつくられます。自然の甘味・旨味を砂糖の代わりに活用できます。

夏に飲みたい甘酒

江戸時代の風俗を著した『守貞謾稿』には、甘酒売りが夏の風物詩として登場いています。俳句では、甘酒は夏の季語とされています。今も昔も変わらず、栄養たっぷりの甘酒を体力消耗しやすい夏に、栄養ドリンクとして愛飲してきました。

簡単!ポットでつくる甘酒の作り方

とろ~り美味しい甘酒が、比較的短時間でできあがります。
発酵温度:60℃
目安時間:6~8時間

材料
お粥 200ℊ
米麹 100ℊ
お湯60℃~65℃ 200cc
シナモン、おろし生姜など お好みで

※米麹…米に麹菌を繁殖させたもので、乾燥麹と生麹があります。乾燥麹は、スーパーなどで購入しやすいです。生麹は、味噌屋さんなどにあります。

<用意する道具>
保温ポット
温度計
菜箸やロングスプーンなど
保存容器
小鍋
計量カップ

作り方
①保温ポットに熱湯を入れ、3分間温め、お湯を捨てます。
②温めておいた①の保温ポットに、お粥と一粒ずつほぐした米麹を入れます。
③②にお湯を注ぎ入れ、菜箸などでよく混ぜます。
④保温ポットの蓋をのせ、完全には閉めないように、少し緩めておきます。
⑤約2時間後、温度計で甘酒の温度をはかり、60℃より下がっていれば、保温ポットの中の甘酒を小鍋に移し、弱火にかけ、60℃になったら火を止めて、保温ポットに戻す。蓋は、④のときと同様に緩めておきます。
⑥約4時間後、また温度をはかり、下がっていれば、⑤と同様にします。
⑦このまま2時間おきます。
⑧トロリとして、甘味がでていたら完成です。好みの甘さになるまで、⑤を繰り返してください。
⑨保存容器に移します。1週間以内に飲み切りましょう。飲み切らないときには、冷凍しましょう。冷凍保存3ヶ月可能です。
⑩シナモンを振りかけたり、すりおろし生姜を入れたりしても美味しくいただけます。

発酵器でつくる甘酒の作り方

分量、調理時間は実際にご使用になられる食材や調理機器に合わせて調節してください。
発酵温度:60℃目安時間:6~10時間

材料
お粥 200ℊ
米麹 100ℊ
水 200cc
シナモン、おろし生姜など お好みで

<用意する道具>
発酵器
菜箸やロングスプーンなど
保存容器
計量カップ

作り方
①容器にお粥と水を入れ、よくかき混ぜます。
②一粒ずつほぐした米麹を入れ、さらにかき混ぜます。
③蓋を閉め、容器を本体に入れます。
④発酵温度60℃と発酵時間8時間をセットします。
⑤甘味が出ていれば完成です。甘味が薄ければ、発酵時間を追加して好みの味にします。
⑥保存容器に移します。1週間以内に飲み切りましょう。飲み切らないときには、冷凍しましょう。冷凍保存3ヶ月可能です。
⑦シナモンを振りかけたり、すりおろし生姜を入れたりしても美味しくいただけます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。