5つの発酵菌に注目意外と知らない発酵食品の効果

発酵食品

発酵食品が体にいいということはなんとなく知っている、という人は多く、具体的にどんな効果が期待できるのかまでを知っている人は少ないのではないでしょうか。発酵食品ならどんな食品でも同じ健康効果が期待できるわけではなく、発酵食品はそれぞれ異なった発酵菌によって発酵が進みます。そこで今回は、5つの発酵菌に注目しそれぞれの発酵菌に期待できる効果について紹介します。

麹の発酵を利用した発酵食品の効果

味噌や醤油などの調味料や、べったら漬けなど一部の漬物、焼酎や泡盛などは麹の力によって発酵される発酵食品です。麹菌には体内で作り出すことができない必須アミノ酸が豊富に含まれています。ビタミンB群も豊富で、ビタミンB1は十分に摂取することで糖質を効率よくエネルギーに変える働きをすると同時に、疲労回復を促します。ビタミンB2は体の代謝を促し、肌や髪を健やかに保つ効果が期待されます。ほかにもリラックス効果や便秘解消効果が期待されています。

発酵食品の代表乳酸菌の効果

ヨーグルトに含まれているイメージが強い乳酸菌ですが、ヨーグルトだけでなくチーズや発酵バター、キムチなどの漬物、味噌や醤油にも豊富に含まれています。乳酸菌は悪玉菌を減らし善玉菌を増やす働きをし、腸内環境を整えます。便秘解消の効果が期待できるだけでなく、下痢などおなかの調子が悪い時にも積極的に発酵食品を摂取することが好ましいとされています。腸内環境が整うことで免疫力の向上や美肌効果にもつながります。

納豆菌には血液をサラサラにする効果が期待

納豆菌という名前のとおり、納豆は納豆菌によって発酵が進む発酵食品です。納豆菌は自然界に普通に存在する微生物のひとつで、稲わら1本には100万個もの納豆菌が存在しています。納豆菌には血液をサラサラにする効果が期待され、体の健康を維持するために大きく役立ちます。血液がサラサラになると血圧の上昇を抑えたり血中コレステロールを下げたりするだけでなく、細胞の成長の活性化や善玉コレステロールを増やすことも期待されています。風邪予防にも役立つと考えられています。

さっぱりした発酵食品に多い酢酸菌の効果

米酢やりんご酢、ワインビネガーなどさっぱりした発酵食品は、酢酸菌によって発酵されます。食酢だけでなくナタデココやカスピ海ヨーグルトにも酢酸菌が含まれています。酢酸菌に期待される効果は、疲労回復や肥満の予防、血圧の上昇を防ぐなど、現代人が抱えている生活習慣病の予防や改善をサポートします。酢酸菌はほかの食材と組み合わせて摂ることで、血糖値の上昇を防いだり消化吸収力をアップさせるなどの効果も期待されています。

酵母菌は糖質分解する効果

酵母菌はパンを発酵させるイースト菌などを想像していただけるとわかりやすいかと思います。パンを作るとき、パン種に含まれる糖質を酵母がアルコールとガスに分解します。この働きは酵母菌が人の体内に入った時にも似たような働きをし、食べ物に含まれる糖質を分解してくれます。糖質の吸収や消化を助ける働きは肥満の予防につながると考えられています。また、腸内では酵母菌が善玉菌を増やしてくれるため、腸内環境を整える働きもします。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。