美容や健康のために毎日食べたい発酵食品ベスト6

納豆

ここ数年健康をテーマにしたテレビ番組などが増え、健康に気を使う人が増えています。健康を維持するためには運動や睡眠も大切ですが、食は健康と密接な関係がありより良いものを食べることが大切です。健康ブームに乗り、発酵食品にも注目が集まっています。そこで今回は、美容や健康のために毎日食べたい発酵食品ベスト6を紹介します。

第6位の発酵食品はぬか漬け

ぬか漬けは、米を発酵させて作ったぬか床に野菜を漬けた漬物です。野菜にはもともとビタミン類が豊富に含まれていますが、野菜をぬか床に漬けることでビタミン類が大幅に増量することがわかっています。大根の場合ぬか漬けにすることでビタミンB1が約15倍、ビタミンB6は5.5倍にもなるといわれています。ビタミンB群は健康と美容に欠かせない栄養素ですので、ぬか漬けを食べることで効率よく摂取することができます。また、酪酸菌が免疫力を高めることもわかってきており、がん予防にも効果があるのではないかということで注目されています。

第5位の発酵食品は甘酒

甘酒は『飲む点滴』と呼ばれるほど栄養価の高い発酵食品です。免疫力をアップさせ体の粘膜を守る働きをするビタミンB群が豊富で、エネルギー源となるブドウ糖もたっぷり含まれています。また体内で作ることができない必須アミノ酸がバランスよく含まれていることも甘酒の特徴です。甘酒を毎日100mlほど飲み続けることで血行が促進され、肌の透明感がアップしたりクマが改善したりという効果を実感している人が多いです。

第4位の発酵食品は酢

酢が発酵食品だということを知らない人もいるかもしれませんが、酢は純米酒を酢酸菌によって発酵させた発酵食品です。健康的で肌が綺麗な人は酢を取り入れているとも言われるほどです。酢を摂取することで血管が拡張し、血流を促進する効果が期待されています。ストレスを感じることで血圧が上昇しやすくなるのですが、酢酸の働きによって血圧の上昇を抑制してくれます。毎日1品の酢の物を食べることが好ましいとされています。

第3位の発酵食品は味噌

日本の食卓に欠かせない調味料である味噌が第3位です。味噌は麹菌・乳酸菌・酵母菌など発酵菌の種類が豊富で、味噌1つで様々な菌の働きを取り入れることができます。1杯の味噌汁を毎日摂取することで、乳がんの予防につながるという研究結果が発表されました。ただし味噌に含まれる乳酸菌は熱に弱いことがわかっており、50度以上で死滅するといわれています。味噌汁を作るときは火を止めて10分ほどしてから味噌を入れること、食べる直前に味噌を入れることをおすすめします。

第2位の発酵食品はヨーグルト

発酵食品=ヨーグルトというイメージが強いですが、健康と美容のためにヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていて、腸内環境を整える効果が期待できます。ヨーグルトは免疫力を高める効果も期待されており、風邪をひきにくい体作りにも役立ちます。また、糖尿病予防にも役立つこともわかっています。砂糖は加えずバナナなどのフルーツと和えて、毎日摂取するといいでしょう。

第1位の発酵食品は納豆

納豆はもっとも手軽な発酵食品と言ってもいいかもしれません。納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにする働きがあり、血管系の様々な病気の予防に役立つといわれています。栄養バランスにも優れ、疲労回復や整腸作用、免疫力アップなど魅力がたくさんです。キムチなどの漬物と和えて食べることで乳酸菌の摂取量が増えるのでおすすめです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。