発酵食品納豆を使った効果的なダイエット方法

納豆は日本では昔から食べられている食品です。健康のために納豆を毎日食べているという人も珍しくありません。
健康食というイメージが強い納豆ですが、実はダイエットにも良いとされています。納豆ダイエットはとても簡単であるため、正しい方法が分かればすぐにでも始めることができます。

納豆ダイエットとは

納豆ダイエットとは毎日の食事に納豆を食べて減量をするダイエット方法のことです。
3食のうち1食を納豆に置き換えるという置き換えダイエットではないため、空腹に耐える必要はありません。
納豆が苦手という方には納豆菌がカプセルに入っているサプリメントがお勧めです。納豆独特の臭いも粘りもないため、納豆が苦手な方でも飲むことができます。サプリメントの種類により異なりますが、1日数粒飲むだけで納豆1パック食べた時と同じ効果が得られます。

納豆がもたらすダイエット効果

1.消費カロリーアップ
納豆にはナットウキナーゼという納豆独自の成分が含まれています。
ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになると血流が良くなり臓器の働きが活性化するため、消費カロリーが増加します。

2.脂肪吸収の阻害を補助
納豆にはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKにはカルシウムの吸収を良くする働きがあります。
カルシウムには脂肪の吸収を阻害する働きがあるため、間接的にではありますがビタミンKは脂肪吸収阻害に関わっていると言えます。

3.体脂肪を減らす
納豆にはイソフラボンが豊富に含まれています。
イソフラボンにはコレステロールを下げる効果があるため、納豆を摂ることで体脂肪が減り、ダイエット効果が高まります。

納豆ダイエットの効果的な進め方

納豆ダイエットの効果的な方法は1日1パックの納豆を食事に取り入れるだけです。
食べるタイミングは食事の20~30分前が良いとされています。食前に納豆を摂ることで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止になります。
納豆をそのまま食べることに飽きた時は別の食品を混ぜると味が変わるため効果的です。お勧めの食材は、キムチ、大根おろし、オリーブオイル、酢です。どれもダイエット効果を増加させるものです。
また、納豆は賞味期限ギリギリのものが良いとされています。納豆は購入後も発酵が進み続けているため、購入してすぐの物よりも数日置いた納豆の方が含まれる栄養成分が増えています。そのため、賞味期限ギリギリの納豆を食べる方がよりダイエット効果があると言えます。

納豆ダイエットのポイント

1.食事量の調節
納豆ダイエットは、いつもの食事に納豆を追加するだけの手軽なダイエット方法です。
しかし、ダイエット前と同じ食事量のままだと、納豆分のカロリーが追加される形となるためダイエット効果が得にくくなる可能性があります。
そのため納豆ダイエットを始める際は、極端な食事制限は設けなくて良いものの、納豆1パック分(約100キロカロリー)分の食事量を減らす必要があります。

2.納豆の食べ過ぎないようにする
納豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。イソフラボンの摂取量が適量であれば体の調子を整える効果がありますが、摂取しすぎると月経周期の乱れや肌荒れなどの不調を起こす可能性があります。
1日の1パックの摂取量を守って納豆ダイエットを続けることで健康的に減量ができます。

3.納豆はタレをかける前に混ぜる
納豆に含まれる納豆菌は空気に触れることでより活性化します。納豆を混ぜる前にタレをかけると、豆がタレで覆われてしまうため空気に触れることができません。
まず何も掛けずに納豆を混ぜてからタレを入れると、納豆の効果を最大限に引き出すことができます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。