発酵食品ライフを楽しもう簡単な発酵食品の作り方3選

発酵食品

発酵食品ブームが続き、「ただ食べるだけでは物足りない!」と感じている人も多いのではないでしょうか。市販の発酵食品だけでなく、自分で発酵食品作りに挑戦する人も増えています。そこで今回は、発酵食品ライフをもっと楽しいものにするために、簡単な発酵食品の作り方を3つ紹介します。参考にしてみてくださいね。

ヘルシーでおいしい豆乳ヨーグルトの作り方

◎材料(種菌)

玄米・・・ティースプーン1杯

豆乳・・・玄米が隠れる量×3

洗った玄米をビンに入れ、玄米が隠れるまで豆乳を入れたら混ぜずに2日ほど常温に置いて発酵をさせます。どろっとしてきたら同量の豆乳を加えて軽く混ぜ、6時間ほど発酵させます。さらに倍量の豆乳を加えて6時間発酵させたら種菌の完成です。完成した種菌を大さじ1杯ほどビンに入れ、豆乳を1リットル加えて混ぜたら常温で一晩発酵させたら豆乳ヨーグルトの完成です。できたヨーグルトは継ぎ足しで作ることができるので、なくなる前に新しいものを作ることをおすすめします。

飲む点滴と呼ばれる甘酒の作り方

◎材料(炊飯器使用)

米麹・・・500g

米・・・1合

水・・・おかゆの目盛りまで

水・・・400ml

米は研ぎ、炊飯器に入れておかゆの目盛りまで水を入れたらおかゆコースで炊きます。おかゆが炊けたら水400mlを加え、ほぐした米麹を加えてよく混ぜます。炊飯器に再びセットし、ふたの代わりに布巾をかけ、保温スイッチを入れて6時間から8時間発酵させます。途中でかきまぜ、発酵の進み具合を調整しましょう。粒が柔らかくなり、とろみと甘みが出たら完成です。冷蔵庫で10日ほど保存可能です。

混ぜるだけで簡単に作れる万能調味料の塩麹

◎材料

米麹・・・200g

粗塩・・・70g

水・・・300ml

米麹をボウルに入れ、手でポロポロになるようにしっかりほぐしておきます。粗塩を加えてさらに混ぜ、常温の水を加えて混ぜ合わせます。広めのバットなどに移し換え、常温において発酵を促します。1日1回まんべんなく混ぜ合わせることを繰り返し、1週間から10日待ちます。室温によって発酵具合が変わるので、毎日しっかりかきまぜることがポイントです。夏は1週間ほど、冬は10日から2週間ほど様子を見ましょう。煮沸消毒した保存ビンに移し換え、冷蔵庫で保存すれば半年ほど持ちます。野菜と和えたりドレッシングに使ったりと、塩の代わりに塩麹を使うのがおすすめです。

アレンジしやすい簡単発酵食品を毎日続けよう

発酵食品を手作りすることは、少しハードルが高いように感じられますが、今回紹介した3つの発酵食品はどれも放っておくだけの簡単な作り方のものばかりです。簡単に作ることができるだけでなく、アレンジのしやすさもポイントです。豆乳ヨーグルトや甘酒はフルーツと合わせて食べるとおいしいですし、塩麹はどんな食材にも使うことができる万能調味料です。発酵食品は毎日続けることが健康を維持するためには欠かせないことですが、市販品を購入すると意外と高価なものも多いです。特に毎日食べたいヨーグルトは、手作りしたほうがたくさん作ることができるうえリーズナブルなので、経済的です。余計なものが入っていないので、安心して食べられることも手作り発酵食品の魅力です。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。