発酵食品ザーサイに含まれる栄養成分、美容・健康効果

ザーサイは中華料理店などで目にすることが多い漬け物で、独特の歯ごたえと辛味が特徴です。お酒のおつまみやご飯のお供に最適で日本でもとても人気がある食品です。
そんなザーサイですが、どんな野菜の漬け物なのか、どのような栄養成分が含まれているのかなどザーサイについて詳しく知る人はあまり多くありません。
ザーサイには様々な栄養成分が含まれており、食べることで健康効果や美容効果を得ることができます。

ザーサイとは

ザーサイとはからし菜が変異してできた野菜のことです。また、ザーサイを薄切りにした後に塩漬けにし、発酵させた漬け物のこともザーサイと呼びます。
ザーサイは日本でも馴染みのある高菜の仲間で、茎の表面部分が瘤状に膨れた形をしています。
味はピリッとした辛味が特徴で、味のアクセントとなります。
漬け物にしてもコリコリとした食感が残るため、「畑のアワビ」と呼ばれることもあります。
ザーサイは中国の四川省で栽培され始め、中国の至る地域で食べられています。
ザーサイは漢字で「搾菜」と書きます。これはザーサイを漬け物にする際、水分を何度も搾る作業を繰り返すことから付けられたとされています。

ザーサイに含まれる栄養成分

ザーサイにはタンパク質、βカロテン、食物繊維、グルタミン酸、アラキドン酸、鉄分、カリウム、カルシウム、シニグリン、カプサイシンなどの栄養成分が含まれています。

ザーサイがもたらす健康効果

1.貧血予防
鉄分は全身に酸素や養分を運ぶ役割をするヘモグロビンを生成する栄養素です。
鉄分が不足し、ヘモグロビンの量が減少すると体内の各器官へ運ばれる酸素の量が減り、内臓機能が低下します。その機能低下が脳で起こるとめまいや頭痛、意識消失などの貧血症状が起こります。
ザーサイは多くの鉄分を含む食品です。ザーサイを食べることにより鉄分が補給できるため貧血予防の効果が期待できます。

2.骨粗鬆症予防
カルシウムが不足すると、体はそれを補うために骨に蓄えられているカルシウムを溶かします。この状態が長く続くと骨の中にあるカルシウムがなくなり、骨が脆い状態に陥ります。これが骨粗鬆症という病気です。
ザーサイにはカルシウムが多く含まれています。日頃より意識をしてカルシウムを摂取することで骨に含まれるカルシウムが溶かされることがなくなるため、骨粗鬆症予防となります。

3.便秘解消
ザーサイには食物繊維が多く含まれています。
食物繊維には水に溶けにくい不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が存在します。
不溶性食物繊維は水を多く含む性質があるため、腸内で膨らみ便をかさ増しさせます。すると腸壁が刺激されて便を排出を促す蠕動運動が起こります。
水溶性食物繊維は水に溶けるとゲル状になる性質があるため、便に水分を多く含ませて柔らかくし、出しやすい状態にします。

ザーサイがもたらす美容効果

1.むくみ解消
ザーサイにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムには利尿作用があり、体内に溜まった余分な水分を排出する効果を持っています。
むくみの原因は足先など血流の弱い部分に体内の水分が溜まることで起こることがほとんどであるため、体内の水分量が減ることで解消できます。

2.ダイエット効果
ザーサイにはカプサイシンという成分が含まれています。カプサイシンとは唐辛子などにも含まれる辛味成分のことで、摂取すると脂肪燃焼効果が向上します。そのため、ザーサイを摂取してから運動を行うと、運動効率が上がりダイエット効果が期待できます。

3.シミやそばかす予防
ザーサイにはシニグリンという成分が含まれています。シニグリンとは辛味成分の一種で、強い抗酸化作用を持っています。
シニグリンにはシミやソバカスの原因と言われている活性酸素の働きを抑制する効果があるため、美肌作りに役立ちます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。