発酵食品サラミに含まれる栄養成分、美容・健康効果

サラミは、日本ではお酒のおつまみやビザの具材として人気が高い食品です。意外と知られていませんが、サラミは発酵食品の一種です。
サラミは栄養豊富な食品で、食べることで様々な健康効果や美容効果を発揮します。

サラミとは

サラミとは豚肉や塩、酒、脂肪分などの材料をよく混ぜ合わせたものを腸詰めにし、低音多湿の環境で熟成させた食品のことです。
発祥地はイタリアとされており、ドライソーセージの一種に分類されます。
伝統的なサラミの材料は塩、酒、ラードのみのシンプルなものでしたが、現代ではスパイスやハーブを入れるものが主流となっています。加えられるスパイスやハーブは地域により異なり、入れる調味料により味が大きく変化します。イタリアのサラミはニンニク、ドイツのサラミは塩のみ、スペインのサラミはパプリカや赤唐辛子、そしてハンガリーのサラミはパプリカやニンニクを加えて作ることが多いです。
味付けは多様ですが、発酵方法はどの地域でも同じような工程を踏むため、どのサラミを食べても同じような健康、美容効果を得ることができます。
ただし、国内で製造されているサラミは発酵工程が省かれている商品もあるためより多くの健康効果、美容効果を期待する場合は輸入品のサラミを購入するようにすると安心です。

サラミに含まれる栄養成分

サラミには脂質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、たんぱく質、ナイアシン、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養成分が含まれています。

サラミがもたらす健康効果

1.疲労回復
サラミにはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1とはビタミンB群の一種で、体内で糖をエネルギーへと変換する効果があります。
エネルギーを効率よく作り出すため、疲労回復に繋がるとされています。

2.神経痛改善
サラミにはビタミンB12が含まれています。
ビタミンB12とはビタミンB群の一種で、傷ついた末梢神経の修復を行う効果があります。
神経痛の原因は末梢神経が傷つくことで起こる場合も多く、ビタミンB12の働きでその傷が修復されると痛みの緩和が期待できます。

3.正常な味覚の保持
食品の味は舌にある味蕾(みらい)という細胞で感じ取っています。この味蕾は新陳代謝が活発で、 約4週間のサイクルで新しい細胞に生まれ変わります。
亜鉛は新しい味蕾を生成する働きを持っているため、亜鉛を取ると正常な味覚の保持することができます。亜鉛が不足すると味蕾の数が減少するため味を感じにくくなったり、味覚障害を引き起こしたりする可能性があります。

サラミがもたらす美容効果

1.美肌効果
サラミにはナイアシンという成分が含まれています。ナイアシンには健康な皮膚や粘膜を維持する働きがあります。
健康な皮膚とはハリや潤いがある状態の肌のことです。皮膚が健康であると風や埃など、外界の刺激から肌を守るバリア機能が高く、乾燥や肌荒れを予防することができます。

2.冷え性解消
ナイアシンには血行促進作用や血管を拡張する作用があります。
これにより血の巡りが良くなるため、心臓からの温かい血液が末端まで届きやすくなり冷え性改善に繋がります。

3.肥満予防効果
サラミにはオレイン酸という成分が含まれています。オレイン酸とは豚肉に多く含まれる脂肪酸のことで、コレステロール抑制効果があります。
そのため、蓄えられる脂肪の量を減らすことができ肥満予防に役立つと言われています。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。