発酵食品を食べるとおならが出やすくなると言われている理由

健康のために毎日発酵食品を摂取しているという方は多いです。発酵食品の健康効果で便秘が解消した、体の調子が良くなったと感じる方が多い一方で「おならが出やすくなった」と新たな悩みを抱える人もいます。
何故発酵食品を摂取するとおならが出るのか、その理由が分かれば自身の体の健康状態を把握するパラメーターにもなります。

「発酵食品を食べるとおならが出やすい」は本当

発酵食品を食べるとおならが出やすくなる、という噂は本当です。
おならが増えるからと言って、発酵食品が腸内に悪影響を与えているというわけではありません。むしろ、腸内でも菌が活発に働き、発酵が進んでいる証拠であるため体は健康になっています。
発酵食品によるおならは臭いもなく、無害であるためたくさん出ても問題ありません。

無害なおならと有害なおならの違い

発酵食品を摂取すると生きた乳酸菌が腸内に届き、そこで乳酸菌は糖を分解する役割を担います。乳酸菌が糖を分解する時、メタンガスが発生します。これがおならの正体です。
メタンガスは無臭のため、おならの量が増えてしまったとしてもあまり臭いのしないおならが出ます。
発酵食品を摂り始めてから無臭のおならが増えたのであれば、それは無害なおならです。
しかし、臭いおならが出るのであれば腸内環境がうまく整っていない可能性があります。
おならの臭いの正体は主にスカトールという物質であると考えられます。スカトールとは悪玉菌がタンパク質を分解する時に発生する有害なガスです。悪玉菌に分解されたタンパク質は体内で腐敗するため嫌な臭いを発するようになります。スカトールもタンパク質の腐敗臭をまとうため、おならが臭くなります。
おならが臭いということは腸内の悪玉菌が多いということです。つまり、腸内細菌のバランスが崩れている可能性が高いため、腸内環境を整える必要があるということです。

臭いのおならを解決する鍵は複数の発酵食品を摂取すること

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やす乳酸菌の他に増えた善玉菌の餌が必要です。善玉菌の餌は主に食物繊維やオリゴ糖、死滅した動物性乳酸菌などです。
いくらヨーグルトやキムチ、納豆を食べ続けて善玉菌を増やしたとしても、善玉菌の餌が供給されなければ、結局その善玉菌は死んでしまうため腸内環境は整いません。
善玉菌の餌となりやすい発酵食品はオリゴ糖を多く含む甘酒、動物性乳酸菌を多く含むチーズ、食物繊維を多く含む味噌やぬか漬けなどがあります。
1種類の発酵食品ばかりに偏らず、複数の発酵食品をバランスよく摂取することでそれぞれが力を発揮し腸内環境の正常化に役立ち、おならの臭いも軽減されていきます。

特におならが出やすくなる発酵食品は納豆

数ある発酵食品の中でも、特におならが出やすくなる発酵食品は納豆だと言われています。その理由は納豆独自の納豆菌にあります。
納豆菌は過酷な環境でも増殖することができるとても強い菌です。そのため、体内の消化酵素を浴びても死滅せず、生きたまま腸まで届きます。
腸に辿り着いた納豆菌は、そこで糖の分解を行います。この時、メタンガスを発生させるためおならの量が増えます。
また、納豆菌には乳酸菌を増やす働きもあります。乳酸菌も糖の分解を行う時にメタンガスを発生させます。
納豆を食べるとおならが出やすくなる理由は納豆菌と乳酸菌が活発に腸内で働くためだと言えます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。