発酵食品を食べるとおならが出やすくなるって本当?

ヨーグルトや納豆を代表とする発酵食品は、腸内環境を整えたり血流をスムーズに流したりと様々な健康効果が期待されています。体の調子をと問えるために、発酵食品を毎日食べているという人も多いのではないでしょうか。しかし「納豆が好きで食べる機会が多いけどおならが出やすくなる」という悩みを抱えている人もいるようです。そこで今回は、発酵食品を食べるとおならが出やすくなると言われている理由について紹介します。

発酵食品によるおならは無害

発酵食品は腸の調子を整えてくれるはずなのに、おならがたくさん出ると腸内環境が悪くなっているのではないか、と不安になってしまう人もいるでしょう。まず言いたいのは、発酵食品を食べた後におならがたくさん出るとしても、そのおならは無害なので心配する必要はありません。発酵食品を食べた後に出るおならは、発酵食品に含まれている乳酸菌などが生きて腸まで届き、腸内でも発酵を進めている証拠です。その時に腸内ではメタンガスが発生し、お腹の中に溜まっておならとして出てしまう、というメカニズムです。メタンガスは無臭のガスなので、発酵食品を食べた後のおならの臭いが特に気にならなければ、腸内に良い影響であると考えていいでしょう。

発酵食品の中でも納豆はおならが出やすい

発酵食品と呼ばれる食品は世界中に100種類以上あるといわれていますが、中でも納豆はおならが出やすい発酵食品だといわれています。納豆に含まれる納豆菌は胃酸などに強く生きて腸まで届く性質を持っています。腸内にたどり着いた納豆菌は腸内で糖分を分解し、その時にガスを発生させます。これがおならの原因です。納豆菌には乳酸菌を増やす働きもあるといわれています。腸内で活発に活動する納豆菌は、善玉菌を増やすこともわかっています。また納豆には食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれており、この2つは腸内環境を改善させるためには欠かすことができない成分です。食物繊維とオリゴ糖は善玉菌のエサとなり、さらに腸内環境を良い方向へと導いてくれるのです。

発酵食品を食べると臭いおならが出る場合

ここまでの説明だと、発酵食品を食べた後におならが出やすくなっても体には何の影響もないと言えますが、もし発酵食品を食べた後のおならの臭いが気にある場合、腸内環境が悪いことが考えられます。臭いおならの正体はスカトールという有害物質で、これは悪玉菌がタンパク質を分解するときに発生します。悪玉菌がタンパク質をエサにして増殖していくことで腐敗が進むため、これが臭いおならにつながります。腸内環境が整っている場合は、先に紹介したように善玉菌が糖分を分解するため無臭のおならになります。腸内環境を整えるために、しばらく発酵食品を摂り続ける生活を続けてみてはいかがでしょう。

ひとつの発酵食品に偏らずに食べよう

発酵食品を食べるとおならが出やすくなるからといって、発酵食品から遠ざかってしまうのはとてももったいないことです。発酵食品に含まれる発酵菌は腸内の悪玉菌の活動を抑制するとともに、善玉菌の数を増やす働きをします。1日や2日発酵食品を食べたからといって、すぐに健康効果が得られるわけではなく、毎日継続して発酵食品を摂ることが大切です。また、納豆だけ、ヨーグルトだけ、とひとつの発酵食品に偏らずいろいろな種類の発酵食品を摂りいれることもポイントです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。