発酵食品の味噌が持つ驚きの4つの美容効能を知りたい

発酵食品と呼ばれているものは数多くあり、日本人の身近な発酵食品と言えば『味噌』ではないでしょうか。発酵食品というと、「健康に良い」「ヘルシー」というイメージを持つ人も多いです。今回は味噌が持つ驚きの4つの美容効能について紹介します。

味噌の抗酸化作用でアンチエイジングの効能

人が老化する原因は、体内の脂質が酸化してしまうことだと考えられています。脂質の酸化を防ぎ、若々しさをキープするためには、高い抗酸化作用のある食材を積極的に摂ることが有効だと言われています。味噌は発酵し熟成することで体内の脂質の酸化を防ぐ物質が生成されます。味噌独特の色である褐色『みそサポニン』に強い抗酸化作用があります。体の酸化を防ぐ効能があるため、若々しい体を保つアンチエイジングにつながります。

イソフラボンには女性ホルモンを安定させる効能

女性の美しさをキープするためには、女性ホルモンが安定して分泌されることも大きな条件です。若いうちは女性ホルモンの分泌が安定していますが、年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌量は徐々に減少していくと言われています。味噌の原料である大豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることがわかっており、大豆製品を積極的に摂取することが好ましいとされています。大豆イソフラボンによって女性ホルモンが安定し、美肌やバストアップなどの女性らしいボディラインをキープする効果が期待されます。

味噌に含まれるリノール酸には美白の効能

リノール酸は体内で作り出すことができない必須アミノ酸のひとつで、味噌にはリノール酸が含まれています。発酵食品の中でも味噌はリノール酸の含有率が高く、大豆が味噌になる発酵過程で生産されます。リノール酸はシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを予防すると同時に、美白の効能もあると言われています。味噌にはたくさんの種類がありますが、米こうじ割合が多い種類の味噌のほうが、美白の効能が高いと考えられています。より美白効果を期待するなら、白みそを選ぶことをおすすめします。

発酵食品の乳酸菌が便秘解消に効果的

発酵食品には善玉菌の働きを活発にする乳酸菌が豊富です。乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれているイメージがありますが、実は乳製品よりも乳酸菌が多く含まれる発酵食品もあります。味噌にも乳酸菌が豊富に含まれていて、腸内環境を整える効能があります。腸の健康は美容のバロメーターなどと言われるように、腸内環境が整っていることは美肌にもつながります。毎日味噌を摂取することで腸内環境を整え、便秘解消に役立ちます。

味噌など発酵食品は継続して摂ることが好ましい

味噌を食事に取り入れたからといって、すぐに味噌の効能を実感できるわけではありません。味噌は塩分も含まれていますから、摂りすぎは厳禁です。味噌汁なら1日1杯を目安に、毎日摂りつづけることがポイントです。味噌だけでなくヨーグルトや漬物などの発酵食品も一緒に食卓に上げ、いろいろな発酵食品を継続して摂ることができる食生活を心がけましょう。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。