発酵食品の効果を知って健康な暮らしを

太古から人々に食されてきた発酵食品は、世界各地で食されています。発酵食品は、微生物の力によって、元の食品にはない新たな風味が加わり美味しく変化しただけでなく、私たちの生活に有用な様々な効果があることがわかってきました。それぞれ、どのような効果なのでしょうか。

発酵食品の食品保存効果

食品の保存方法には乾燥や塩漬けなど色々な方法がありますが、発酵も食品を長持ちさせる方法の一つです。微生物は、ある環境の中に一定の数以上いれば、他の微生物が繁殖できなくなります。したがって、発酵により食品の中に有用な微生物が多くなれば、腐敗菌の繁殖を防ぐことができるのです。

また、発酵によって生まれる乳酸や酢酸、アルコールはそれ自体に殺菌効果があります。その結果、発酵食品の中には腐敗菌が繁殖しにくくなり食品の長期保存が可能になるのです。

発酵食品のおいしさを生む効果

食品の中のデンプンやタンパク質そのものには、味や匂いはありません。これが発酵によって分解されると、糖やアミノ酸になります。糖は甘み、アミノ酸は旨味になります。旨味はだしの成分と同じなので、発酵食品が美味しいのです。

また、発酵によって生まれる匂いも発酵食品のおいしさを生んでくれます。中には、シュール・ストレンミングのような強烈な匂いの物もありますが、これらを美味しく感じられるかどうかは主食が関係しているといわれています。米を主食とする民族とパンを主食とする民族では匂いの好き嫌いに大きな違いがあるようです。

発酵食品はダイエットに効果的

食品は発酵させることで、栄養価が大幅にアップします。納豆は、発酵する前の大豆に比べビタミンB2が6倍、葉酸は3倍になるといいます。発酵食品に含まれるビタミンB群は、代謝を増進させる作用があります。また、酢も血行を促進し代謝を高め、コレステロール値を下げたり、カルシウムの吸収を助けたりする働きがある発酵食品です。

さらに、ヨーグルトや漬け物などの発酵食品の中の乳酸菌は老廃物の排出を促し、腸内の善玉菌を助け、悪玉菌を抑制します。納豆菌も悪玉菌の働きを抑制し、腸内環境を整える働きがあるといいます。このように、代謝を促進させ老廃物を排出してくれる発酵食品を生活に取り入れれば、ダイエットに効果的といえるでしょう。

発酵食品の健康効果

発酵食品には抗酸化作用があります。食品の中のカロテンやポリフェノールなどの抗酸化作用がある物質は、そのままの状態では活性が十分ではありませんが、発酵させることにより、より活性が高まり、アンチエイジング効果が期待できます。そして、発酵によりデンプンやタンパク質などの栄養素が分解されることで、体内の消化管にかける負担も減ります。

抗酸化作用だけでなく、整腸作用のある発酵食品は、がんや高血圧などの予防効果もあります。納豆のナットウキナーゼは血栓を溶かす効果もあります。また、大豆に含まれるイソフラボンは、乳がんのリスクを下げる効果があるといいます。

さらに、味噌や納豆、糠漬け、キムチに含まれる天然アミノ酸の一種、GABA(ギャバ)は、脳の興奮を鎮めてリラックス効果をもたらすといわれています。酢の疲労回復効果も忘れてはいけません。体の疲れを取り、イライラを抑え、ストレスを解消し元気に暮らすためにも、発酵食品は役に立つのです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。