発酵食品に健康効果が期待される5つの理由

発酵食品は体に様々な健康効果をもたらすといわれていて、毎日の食事に積極的に取り入れているという人も多いのではないでしょうか。発酵食品が体にいいということは広く知られていますが、なぜここまで発酵食品が注目されているのでしょうか。今回は発酵職員に健康効果が期待されている5つの理由について紹介します。

発酵食品にすることで栄養価がアップ

発酵食品は、食材を発酵させることで長期保存を可能にしたり、食材を柔らかくして食べやすくしたりという目的で作られるようになりました。発酵食品にすることで食材がもともと持っている栄養がアップすることがわかっており、効率よく栄養を摂取することができます。たとえば納豆を例に挙げると、元の食材である大豆から納豆に発酵する過程で、ビタミンB2は約2倍、ビタミンKは100倍以上になるといわれています。ぬか漬けも野菜をぬか床に漬けることでビタミンが増量することがわかっています。きゅうりのビタミンB1は約8倍、大根は15倍にも増えます。また、発酵食品にすることでしか得られない成分がたくさんある、ということも健康化羽化が期待されている理由と言えるでしょう。

発酵食品が腸を元気にしてくれる

発酵食品が体にいいことはわかっていても、発酵食品の何がいいのかはわからないという人もいるでしょう。発酵食品には乳酸菌や納豆菌などの発酵を促す微生物が含まれていて、これらは腸内の善玉菌を増やす働きが期待されています。腸内環境が整うことは、健康を維持することに直結していると考えられていて、発酵食品はそのサポートをしてくれます。善玉菌が増えることで便秘が改善されるだけでなく、免疫力アップや生活習慣病の予防にも効果が期待されています。

栄養の吸収率もアップ

発酵食品には様々な栄養の吸収率をアップさせる働きもあります。発酵食品に含まれる発酵菌は、食材を柔らかくするなど分解する力を持っています。大豆はそのままだと消化吸収があまり良くありませんが、発酵過程で大豆のたんぱく質が分解され、消化吸収しやすくなります。また、発酵食品に含まれる酵素には、消化吸収率をアップさせるために不可欠な成分です。酵素は食べ物を消化させるときに大量に消費されますが、十分な量がないと消化不良を起こします。必要な栄養を効率よく吸収させる働きがあることも、発酵食品が注目される理由です。

発酵食品のダイエット効果にも注目

発酵食品はダイエット効果も注目されています。発酵食品を食べることで腸内環境が整うことは先に紹介しましたが、これがダイエットにも大きく役立ちます。腸内環境が整うと、デトックスが進みやすくなります。老廃物をスムーズに体外へ排出できることはむくみを予防します。また、発酵食品に含まれるビタミンB群には脂肪を燃焼させる働きがあることもわかっています。チーズに含まれるカルシウムには、脂肪を収集しにくくする働きがあるため、積極的に摂りたい発酵食品です。発酵食品の多くには代謝をアップさせる効果も期待されていて、発酵食品を食べることと運動を組み合わせることで、より大きなダイエット効果も期待できるといわれています。綺麗に痩せたいと考える人には発酵食品が欠かせません。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。