発酵食品で美味しいサラダレシピ

発酵食品は免疫力を高めたり、腸の調子を整えたり、消化を促進したり、代謝を良くしたりとそのメリットが話題になっています。また、健康やダイエットのために野菜サラダが良いと言われます。では、発酵食品を使ったサラダを食べるとどのような健康効果があるのでしょうか。

野菜サラダは健康的なレシピ

酵素はヒトの体内で消化や代謝など、重要な働きをしています。そのように大切な酵素ですが、熱に弱いという性質を持っています。生野菜を使ったサラダは加熱していないので、野菜の酵素をそのまま摂ることができます。

さらに、野菜は腸の代謝を良くする食物繊維が多い食品ですので、排便を促すのに効果的です。しかしながら、生野菜を大量に食べるのは大変なものです。食物繊維を積極的に摂りたいならば、生野菜よりも加熱した野菜の方が一度にたくさんの量を食べることができるので、温野菜サラダは腸の調子を整えるのに有効なサラダと言えます。

野菜にはビタミンやカリウムなども豊富に含まれています。野菜は生でも、加熱しても健康に効果的な食品なのです。

発酵食品は腸内フローラに効果的

発酵食品の発酵を進める微生物はいくつかありますが、その中でも乳酸菌は腸内フローラのバランスの改善に役立つと言われています。腸内の良い菌を増やして、悪い菌を減らし、免疫力を回復します。

腸の調子が悪いと憂鬱な気分になりやすいものです。乳酸菌を含んだ発酵食品を食べて腸内環境が良くなれば、気分もよくなります。

そして忘れてはならないのは、乳酸菌による乳酸発酵では、乳酸が生成されるということです。この乳酸は腐敗菌を寄せ付けないだけでなく、まろやかな酸味を作りだします。この酸味を上手く利用すれば、まろやかな酸味のサラダを作ることができるます。

ぬか漬けで簡単サラダレシピ

ぬか漬けには植物性乳酸菌が多く含まれているので、積極的に摂りたい発酵食品ですが、毎日ぬか漬けでは飽きてしまいます。そんな時は、オリーブ油を使って、サラダにしてしまいましょう。オリーブ油はオレイン酸が多く含まれ、悪玉コレステロールを下げ、排便を促す作用もありますから、腸内環境を整え、便秘解消にもってこいのレシピです。

【材料】

・キュウリやニンジン、ダイコン、ナスなどのぬか漬け 適量

・オリーブ油 適量

・粗びきコショウ 少々

・レモン汁 少々

【作り方】

1.漬け物を食べやすい大きさにそろえて切ります。

2.1にオリーブ油、粗びきコショウ、レモン汁をかけてあえます。

カボチャのヨーグルトサラダレシピ

ヨーグルトにマヨネーズを加えるとさっぱりした味になります。ヨーグルトのサラダというとフルーツサラダを思い出す方も多いと思いますが、カボチャやサツマイモなど、甘みのあるホクホクした食材ともよく合います。カボチャはカロテンやカリウムも多く、食物繊維も豊富なので、ヨーグルトとの組み合わせで、さらに腸内環境改善に効果的なサラダになります。

【材料】

・カボチャ 1/4個

・プレーンヨーグルト 大さじ3

・マヨネーズ 大さじ1

・レーズン、クルミなど(好みで) 適量

【作り方】

1.カボチャは種とわたを取り、洗って一口大に切ります。

2.耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで加熱します。500Wで8分ぐらいを目安にします。レンジのオート調理を使っても良いでしょう。

3.2の粗熱が取れたらプレーンヨーグルトとマヨネーズを入れてあえます。好みで砕いたクルミやレーズンを入れても美味しいです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。