発酵食品が腸に効果的と言われている理由

腸内環境

発酵食品には整腸作用がある、発酵食品は便秘解消に役立つといわれていることは有名で、知っている人も多くいます。
しかし、なぜ整腸作用があるのか、便秘解消に役立つのかといった理由を知っている人は少ないです。

発酵食品がもたらす整腸作用1:善玉菌の増加、悪玉菌の減少

人間の腸内には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌が存在しています。善玉菌はビタミンの合成、消化吸収の補助、感染防御、排便を促すなど体にいい働きをします。
悪玉菌は腸内腐敗、細菌毒素の産生、発ガン物質の産生など体に悪い働きをします。
日和見菌は健康な時は体に影響がありませんが、免疫力が下がり抵抗力が弱まると病気の引き金になる可能性があります。
体に悪い影響を及ぼす可能性がある悪玉菌、日和見菌が少ない方が病気にかかりにくいです。
善玉菌には悪玉菌を減らす作用もあるため、善玉菌を増やすことで腸内の細菌バランスを整えることができます。
腸内の善玉菌を増やすためには食物や飲み物などで乳酸菌を摂取する必要があります。そこで役立つ食品が発酵食品です。
キムチやぬか漬けに多く含まれている植物性乳酸菌は過酷な環境でも生き抜くことができる菌です。そのため人間の体内でも消化酵素により分解されず、生きたまま腸に届き腸内の善玉菌を増やす働きをします。
ヨーグルトやチーズに含まれる植物性乳酸菌は消化酵素により死滅してしまいますが、善玉菌の餌となり増殖を助ける働きをします。
発酵食品は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があるため腸にいいと言われています。

発酵食品がもたらす整腸作用2:便秘解消

発酵食品の中には食物繊維を多く含む食品も多く存在します。例えば、味噌、キムチ、ぬか漬け、甘酒などです。
食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶けやすい水溶性食物繊維があります。
不溶性食物繊維は水分を多く含む性質があり、便の中に入ったとき便をかさ増しさせて腸壁を刺激し、排便を促す蠕動運動を起こす作用があります。
水溶性食物繊維は水に溶けるとゲル状になり、それが便に含まれると便が柔らかくなるため出しやすくなります。
2種類の食物繊維の働きが得られるため発酵食品は便秘解消に役立ちます。

発酵食品がもたらす整腸作用3:血液がサラサラになる

腸内で増えた乳酸菌には血液中の老廃物を排出する働きもあります。老廃物が減ると血液の粘度が低くなるため、血液がサラサラになります。
老廃物が多く、血液がドロドロの状態が長く続くと血管に負担がかかるため動脈硬化へと進行したり、心筋梗塞や脳梗塞、脳溢血などの病気を引き起こす可能性が高くなります。発酵食品を食べると、これらの病気の予防にもなります。

発酵食品がもたらす整腸作用4:臓器の働きが活性化する

善玉菌の働きにより血液がサラサラになると、全身を回る血の巡りが良くなります。血液は全身の臓器へ酸素や栄養分を運ぶ役割をしているため、血の巡りが良くなるとそれらの供給がスムーズに行えるようになり臓器の動きも活性化します。
体を動かすとき同様、臓器が動く時にもカロリーは消費されるため、臓器の動きが活性化するということは消費カロリーが増加します。つまり、発酵食品は肥満予防にも効果的ということです。

発酵食品がもたらす整腸作用5:免疫力が向上する

腸内の善玉菌は外から入ってきたウイルスや病原菌を攻撃する働きもあります。腸でウイルスが増えたり吸収されたりしないため、発病しません。
善玉菌の増加で予防できるとされている病気は、食中毒や花粉症などです。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。