発酵食品味噌を使った効果的な味噌汁ダイエットの方法

味噌汁は日本人にとって身近な料理です。
習慣として普段から毎日味噌汁を飲んでいるという方も少なくありません。普段何気に摂取している味噌汁ですが、実は味噌汁にはダイエット効果があると言われています。
馴染みのある料理であるため味噌汁ダイエットを実施することも継続することもとても簡単です。

味噌汁ダイエットとは

味噌汁ダイエットとは普段の献立に味噌汁を取り入れて減量を行うダイエット方法です。
3食のうち1食を味噌汁にするといったような置き換えダイエットではないため、空腹を感じにくいです。
市販のインスタント味噌汁でも効果がありますが、野菜たっぷりの味噌汁の方が効果効果を感じやすいため普段から自炊をしている方にお勧めです。

味噌がもたらすダイエット効果

1.脂肪燃焼効果
味噌には脂肪を分解したり、燃焼させたり、脂肪の吸収を阻害するか働きのある成分が豊富に含まれています。
レシチン、ミネラルには脂肪分解効果、ロイシン、イソロイシン、ビタミンB群には脂肪分解効果、サポニンには脂肪吸収抑制効果があります。
脂肪の除去に役立つ成分が豊富に含まれる味噌はダイエットの強い味方です。

2.便秘解消
味噌の原料である大豆には食物繊維が豊富に含まれています。
味噌に多く含まれる食物繊維は水溶性食物繊維と言って水に溶けるとゲル状になり、便を柔らかくする作用がある食物繊維です。この作用により便が出しやすくなります。
便秘が解消されると、ぽっこりお腹がすっきりと見えるようになります。

3.糖分の吸収を抑える
大豆の発酵に使う米麹は糖質が高い菌です。味噌に含まれるメラノイジンという成分には、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるため麹菌のデメリットを補う働きをします。

味噌汁ダイエットの効果的な進め方

味噌汁ダイエットの進め方は1日1杯の味噌汁を食事に取り入れるだけです。お湯を注ぐだけのインスタント味噌汁でもダイエット効果はありますが、野菜をたっぷりと入れた手作り味噌汁の方が効果を感じやすいです。
食べるタイミングは食事の最初に味噌汁を全て食べ、それから他のおかずやご飯を食べて下さい。最初に味噌汁をとることで味噌の栄養が吸収されやすくなるだけでなく、満腹中枢が刺激されるため食べ過ぎ防止に役立ちます。
赤味噌はメラノイジンが豊富なため血糖値の急上昇を抑える効果が高く、白味噌は赤味噌の2倍ほどの麹が含まれているため体重増加を抑える酵素の力が強いという違いがありますが、どちらもダイエット効果は十分であるため、好みで選んで問題ありません。

味噌汁ダイエットのポイント

1.味噌を取りすぎない
味噌は塩分を多く含む食品であるため摂取しすぎると体を悪くしたり、むくみを引き起したりする可能性があります。
濃いめの出汁を使うと少量の味噌でも十分に美味しい味噌汁を作ることができます。

2.野菜と一緒にとる
麹は糖質の高い菌です。味噌にも血糖値の急上昇を抑える効果がありますが、味噌汁に野菜をたっぷりと入れることでその効果はさらに高くなります。
入れる野菜は大根、にんじん、ほうれん草、さつまいも、ごぼうなど食物繊維を多く含む野菜がお勧めです。

3.野菜は大きめに切る
味噌汁に入れる野菜を大きめに切ることで噛む回数が自然と増えます。
満腹中枢は噛むことにより刺激されるため、少ない食事量でも満足感を得ることができます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。