発酵食品味噌に含まれる栄養成分、美容・健康効果

味噌は日本人にとってはなくてはならない身近な発酵食品です。毎日味噌を摂取しているという人も多いです。
普段何気なく口にしている味噌ですが、実は多くの栄養成分を含んでいます。味噌を食べることで多くの健康効果や美容効果を期待することができます。

味噌とは

味噌とは、大豆、麹、塩を原料とする発酵食品のことです。使用する麹の種類により完成する味噌の種類も変わります。米麹を使った味噌は米味噌、麦麹を使った味噌は麦味噌、豆麹を使った味噌は豆味噌と呼ばれます。
また、色の薄い味噌を白味噌、色の濃い味噌を赤味噌、赤味噌と白味噌を混ぜたものを合わせ味噌と言います。地域により馴染みのある味噌の種類が異なります。
現代では調味料として使われることの多い味噌ですが、まだ食生活が豊かではなかった江戸時代以前までは貴重なタンパク源としておかずの役割を担っていました。
味噌汁に使うような一般的な味噌は日本発祥のものですが、アジアの各地に存在する穀物を発酵させたペースト状の調味料も味噌と区分することがあります。例えば、中国の豆板醤、韓国のコチュジャンを唐辛子味噌ということもあります。

味噌に含まれる栄養成分

味噌にはタンパク質、アミノ酸、イソフラボン、ビタミンB群、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、レチノール酸、レシチン、モリブデン、リノール酸、コリン、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、食物繊維などが含まれています。

味噌がもたらす健康効果

1.更年期障害の緩和
更年期障害とは加齢や閉経に伴い女性ホルモンの分泌量が減少することにより、女性の体に起こる体の不調の総称です。主に、めまい、頭痛、発汗、イライラ、抑鬱などの症状が現れます。
大豆を原料とする味噌にはイソフラボンが多く含まれています。イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをします。減少した女性ホルモンを補うようイソフラボンが作用するため、更年期障害の緩和が期待できます。

2.癌予防
イソフラボンは更年期障害の緩和だけでなく、乳癌予防にも効果的とされています。
ある研究では閉経後など女性ホルモンの分泌が著しく減少する時期にイソフラボンを摂取すると、不足した女性ホルモンを補うことができるため乳癌の発症率が下がるという結果が出ています。

3.高血圧予防
味噌は塩分量が多いため高血圧に繋がると考える人が多いですが、そんな事はありません。摂取量にさえ気をつければ高血圧予防に役立ちます。
味噌にはレチノール酸、レシチンが含まれています。これらは血圧やレステロール値の上昇を抑制する働きがあります。
高血圧は糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞、腎不全など様々な病気の原因となることがあります。高血圧予防はこれらの病気の予防にも繋がると言えます。

味噌がもたらす美容効果

1.美肌効果
味噌にはリノール酸という成分が含まれています。リノール酸とは不飽和脂肪酸の一種で、メラニンの生成を抑制する働きがあるためシミやそばかす予防が期待できます。
また、リノール酸には肌の保湿効果や肌のバリア機能を高める役割もします。

2.アンチエイジング
味噌にはビタミン類が多く含まれています。ビタミンは全般的に美容にいい効果をもたらしますが、ビタミンEは特に美容効果が期待できるとされており、別名「アンチエイジングビタミン」と呼ばれています。
老化は細胞周りの不飽和脂肪酸が活性酸素と結びつくことにより細胞が酸化するために起こります。ビタミンEはこの細胞の酸化を予防する効果があるため、アンチエイジングに役立ちます。

3.ダイエット
味噌にはコリン、サポニンという栄養成分が含まれています。コリンには肝臓の機能を高める働きがあり、脂肪が肝臓に蓄えられることを防ぐ役割をします。
サポニンは腸の働きを整えて便秘を解消したり、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪を効率よく燃焼させたりする効果が期待できます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。