便秘に効果的と言われる発酵食品はただ食べるだけでは効果なし

発酵食品が体にいいということは広く知られており、特に発酵食品の代表でもあるヨーグルトなど乳酸菌を多く含む発酵食品は、便秘解消の効果が期待されています。乳酸菌は悪玉菌を抑制し善玉菌の働きを活性化させる働きがあり、腸内環境を整えてくれるので、便秘解消や下痢の改善に役立ちます。しかしただ発酵食品を食べるだけでは便秘解消に効果なし、と言われています。正しい情報を集め、正しく発酵食品を摂取してみませんか?

発酵食品を食べるだけでは効果なしの本当の意味

便秘解消に役立つのは、食材を発酵させている乳酸菌が生きた状態で腸まで届くということが大きな条件となります。乳酸菌には動物由来の『動物性乳酸菌』と植物由来の『植物性乳酸菌』があります。発酵食品の代表であり乳酸菌が豊富に含まれているイメージが強いヨーグルトは、牛乳をもとに作られているので動物性乳酸菌が含まれた発酵食品ということになります。実は動物性乳酸菌は胃液や腸液などの酸にとても弱いという性質があり、腸に届く前にほとんどの乳酸菌が死んでしまいます。よくテレビCMなどで「生きたまま腸に届く」とうたわれているのは、こういった背景があるからです。反対に植物性乳酸菌は胃液や腸液などの酸にも比較的強く、動物性乳酸菌に比べると生きたまま腸に届く数が多いです。動物性乳酸菌を積極的に摂っていても生きたまま腸に届かなければ、「便秘解消には効果なし」というわけです。

きちんと発酵していない発酵食品も効果なし

発酵食品は完成するまでに数週間から1年以上かかるものもあり、短時間で熟成させることは難しいです。しかし近年の技術の発達により、強制的に発酵を進めることも可能になりました。完成までの時間が短いと、通常だと長期保存をすることができませんが、防腐剤などの添加物を加えることで長期保存もできるようになっています。添加物は体によくありませんし、抗菌性もあり腸内環境を悪化させるきっかけになることも考えられます。またきちんと発酵・熟成していないということは、乳酸菌など発酵を促す菌の数が圧倒的に少ないこともわかっており、便秘解消には効果なしと言えるでしょう。便秘解消を目指して発酵食品を取り入れるなら、きちんと発酵された食品を選ぶことも大切です。

植物性乳酸菌が含まれた発酵食品を摂ろう

便秘解消の効果が期待できるのは植物性乳酸菌が有効だということを紹介しましたが、具体的に植物性乳酸菌が含まれている発酵食品がわからない、という人も多いのではないでしょうか。身近な発酵食品を挙げると漬物です。キムチやぬか漬け、べったら漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれています。ただし漬物には塩分も多く含まれていますから、毎日少しずつ摂り続けることをおすすめします。味噌や醤油、塩麹などの調味料も植物性乳酸菌が含まれています。和食中心の生活を心がけるだけでも植物性乳酸菌を効率的に摂取することにつながります。漬物などと合わせてきのこ類から食物繊維を摂取したり、ビフィズス菌が含まれた食品を摂ったりすることをおすすめします。ほかの食材も効率的に摂取することで善玉菌のエサになり、腸内環境を整え便秘解消に大きく役立ちます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。