人気の発酵食品!おすすめ簡単レシピ

近年、「発酵食品は健康に良い」と広まり、発酵食品を好む方が増えてきました。また以前まではあまり聞いたことがなかったり馴染みのなかった発酵食品もたくさんあります。しかし発酵食品がなぜ健康に良いとされているか知っていますか?そこで今回は発酵食品の特徴や効果、簡単なレシピまで詳しく解説していきます。

発酵食品とは

発酵食品とは微生物が自らもつ酵素の働きによって、人間にとって有益性のある物質に変化したもののことを言います。微生物の種類は様々で乳酸菌や酵母菌、麹菌、納豆菌などが代表的です。それぞれの微生物が何の食品に含まれているかによってその食品の効果は変わりますが、発酵食品全般に言えることもあります。それは微生物の酵素によってデンプンやタンパク質を分解し、アミノ酸や糖分に変化することで、保存性が増したり、風味や旨味を増加させるということです。しかし発酵と腐敗は紙一重であり人間にとって発酵は有益なものですが、腐敗となると有害となってしまうので注意しましょう。

発酵食品の例

では発酵食品の代表的な例を見ていきましょう。酵母菌を含んでいるビールやワイン、麹菌を含んでいる甘酒やテンペ、乳酸菌を含んでいるキムチやぬか漬け、そのほか有名な発酵食品はヨーグルトやチーズ、塩麹、醤油麹、味噌、醤油、紅茶などが挙げられます。

発酵食品はなぜ人気なの?発酵食品の効果

発酵食品のメリットや効果は微生物によっても変化しますが、全体的には消化吸収や保存性、栄養価が高いこと、アミノ酸によって旨味が増し、より美味しくなることが挙げられます。また乳酸菌は特に腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良くするので美肌やダイエットに効果的です。美肌に関しては特に日本酒や甘酒などに含まれる麹菌がくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑えてくれます。抗酸化作用も強いので体内の老化や肌のサビを予防し、疲労回復や精神安定に期待できます。近年注目を浴びているコンブチャ(紅茶キノコ)も腸内環境改善や抗酸化作用が期待できる飲み物として人気があります。さらに味噌や醤油も発酵食品なので、意識して摂取しなくても普段の食事の中で取り入れることができるので続けやすいことも特徴です。

発酵食品レシピ

発酵食品は善玉菌を多く含んでいますが、食物繊維やオリゴ糖も善玉菌の餌となるので発酵食品と一緒に摂取することで発酵食品の効果やパワーを増幅し腸内環境をより良くすることができます。ここで3つ発酵食品と食物繊維を合わせた簡単レシピを紹介します。
ごぼうの甘味噌和え
材料(2人分)
ごぼう……1本
酢……適量
<味噌ダレ>
味噌……大さじ3
砂糖……大さじ2
酢……小さじ2
醤油……小さじ1.5
すりごま……適量
作り方
①ごぼうの皮を包丁の背で取り除き、薄く斜め切りする
②ごぼうはアクが強いので、酢水につけてアクを抜く
③合わせ味噌の材料を混ぜ合わせ、味噌ダレを作る。
④②をサッと水で洗って、③と合わせる。
お通じ改善!バナナヨーグルト
材料(1人分)
バナナ……1本
ヨーグルト……大さじ3
きな粉……大さじ1
作り方
①バナナを輪切りする
②①にヨーグルト、きな粉の順でかける
トマトとアボカドの醤油麹和え
材料(2人分)
トマト……1個
アボカド……1個
醤油麹……大さじ1
ごま……適量
板のり……適量
作り方
①トマトとアボカドは角切りにする。
②①に醤油麹を和える。
③②をお皿に盛って、ごまと板のりをかける。
是非試してみてください。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。