発酵食品ヨーグルトを使った効果的なダイエット方法

ヨーグルト

ヨーグルトダイエットという言葉を耳にしたことが多いという方が多い一方で、「正しいヨーグルトダイエットの進め方が分からない」、「どんな効果が得られるのか知らない」という方が多いことも事実です。
ダイエットを始める前に正しい知識を知っておくことで失敗せずにダイエットを継続することができるようになります。

ヨーグルトダイエットとは

ヨーグルトダイエットとは食事にヨーグルトを取り入れて減量を行うダイエット方法の事です。
注意点を守りながらヨーグルトを食べるだけの簡単なダイエット方法であるため、誰でもすぐに取り組むことができます。

ヨーグルトがもたらすダイエット効果

1.消費カロリーの増加
ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれています。この乳酸菌には血液をドロドロにする原因である悪玉菌を減らし、血液をサラサラにする善玉菌を増やす働きがあります。
血液がサラサラになり血の巡りが良くなると、腸や臓器の動きが活発になります。体を動かす時同様、内臓を動かす時にもカロリーは消費されるため臓器の働きが活発になると消費カロリーが増加します。

2.脂肪分解効果
ヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムには脂肪の分解を促進する効果があるとされています。

3.脂肪燃焼効果
乳酸菌の一つであるビフィズス菌SP株には脂肪の燃焼を促す働きがあります。

ヨーグルトダイエットの効果的な進め方

ヨーグルトダイエットの最も基本的な方法は朝、昼、夕の食事時に70gのプレーンヨーグルトを摂取する方法です。
ヨーグルトに果物やオリゴ糖、蜂蜜、ナッツ類、きな粉などを混ぜると食べやすくなります。その際の注意点はトッピング具材とヨーグルトをかき混ぜすぎないことです。ヨーグルトをかき混ぜ過ぎると乳酸菌が減ってしまうため、軽く混ぜる程度に留めて下さい。
ヨーグルトを食べるタイミングは食前、食後どちらでも構いません。
食前にヨーグルトを摂取すると食べ過ぎ防止になる、カルシウムの脂肪分解効率が上がるというメリットがあります。
食後にヨーグルトを摂取すると乳酸菌が胃酸で分解されにくいため乳酸菌が腸に届きやすいといったメリットがあります。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌を腸に定着させるため、1週間は同じ種類のヨーグルトを食べるようにして下さい。

ヨーグルトダイエットを行う時のポイント

1.ダイエット効果が得られない時は違う種類のプレーンヨーグルトを試してみる
1週間経っても体重や体調の変化があまり感じられない場合は、諦める前に別のヨーグルトに変更してみて下さい。
ヨーグルトにより含まれる乳酸菌の種類が異なります。乳酸菌により体質に合うもの、合わないものがあるため各個人の体質に合ったヨーグルトを見つけることがヨーグルトダイエット成功の鍵です。

2.ヨーグルトを温めて食べる
電子レンジで30秒~1分程度温めたヨーグルトを食べると腸の動きを活性化することができます。
また、温めると寒い時期でもヨーグルトが食べやすくなるため長続きしやすいです。

3.ヨーグルトはプレーンヨーグルトを選ぶ
ヨーグルトの中には砂糖が加えられているものがありますが、それらはカロリーが高いためダイエットには向いていません。
ヨーグルトは無糖のもの(プレーンヨーグルト)を選び、甘みを足す場合はオリゴ糖や蜂蜜、果物を加えて食べるようにして下さい。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。