マイナス5kgを目指す発酵食品のダイエット効果とは

デトックス

発酵食品には様々な健康効果が期待されていますが、そのうちのひとつがダイエット効果です。『発酵食品ダイエット』というダイエット法も注目されるなど、発酵食品のダイエット効果が注目されています。発酵食品がダイエットをサポートするといわれているのには、どのような理由があるのでしょうか。発酵食品で期待できるダイエット効果について紹介します。

発酵食品の必須アミノ酸が脂肪燃焼をサポート

多くの発酵食品には、必須アミノ酸という成分が含まれています。必須アミノ酸とは、人が健康を維持し生命を保つために欠かすことのできない成分ですが、必須アミノ酸のうち9種類は体内で生成することができません。そのため食事などから必須アミノ酸を摂取することが必要となります。必須アミノ酸を摂ることでリパーゼという脂肪燃焼を促す酵素が活性化されます。さらに運動をプラスすることでより脂肪燃焼効率を上げることができます。これが発酵食品がダイエットに効果があるといわれている一つ目の理由です。

酵素とビタミン類が代謝をアップさせる

脂肪を効率よく燃焼させるには、体内に酵素が十分に存在していることが不可欠です。酵素は脂肪を燃焼させるために必要な物質ですが、多くの酵素は食べ物を消化させるときに使ってしまいます。発酵食品には酵素もたっぷり含まれていて、発酵食品を積極的に摂ることで体内の酵素を増やすことにつながります。またビタミンB群は糖質や脂質の分解や代謝を上げるサポートをすることがわかっています。発酵食品にはビタミンB群が豊富に含まれているため、ダイエット効果が期待できるというわけです。

乳酸菌が腸内環境を整えてダイエットをサポート

発酵食品の代表というとヨーグルトが浮かびますが、ヨーグルト=乳酸菌というイメージも強いのではないでしょうか。ヨーグルトに限らず発酵食品には乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌に限らず発酵を促す発酵菌には悪玉菌の活動を抑制し、善玉菌を増やすサポートをします。腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が整い、体内の老廃物をスムーズに体外へ排出させることができるようになります。老廃物が体内に溜まっていることで新陳代謝が衰え、痩せにくい体になってしまいます。腸内環境が整うことでデトックスを促すとともに代謝を上げ、痩せやすい体作りをサポートします。

発酵食品でダイエットをする3つのコツ

発酵食品を食べることで、ダイエット効果が期待できることがわかりましたが、発酵食品をただ食べればいいというわけではありません。発酵食品ダイエットというと、ひとつの発酵食品をひたすら食べるイメージがありますが、効率よくダイエットをするならいろいろな種類の発酵食品を食べることがポイントです。ヨーグルトや納豆、キムチやチーズなど、できるだけたくさんの種類の発酵食品を食べましょう。二つ目のポイントは毎日欠かさ発酵食品を食べることです。甘酒なら1日200ml、ヨーグルトなら80g、ぬか漬けなら小皿に1杯など、発酵食品を摂ることを習慣化しましょう。最後のポイントは、運動を取り入れることです。初めに紹介したように、発酵食品には脂肪燃焼効果が期待できますが、運動を組み合わせることがカギです。運動する前に発酵食品を摂ることで脂肪燃焼効率を上げることができます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。