発酵食品チーズを使った効果的なダイエット方法

チーズは日本の食卓に欠かせないと言っても過言ではない食品です。どんな食材とも相性が良く、幅広く手軽に使えることが人気の秘密です。
そんなチーズを食事に取り入れるだけで減量ができるチーズダイエットというものがあります。正しく実践することで美味しくチーズを食べながら痩せることができます。

チーズダイエットとは

チーズダイエットは毎日の食事の中にチーズを取り入れたり、間食にチーズを食べたりして減量を行うダイエット方法です。
何かの代わりにチーズを食べると言ったような置き換えダイエットではないため、ストレスをあまり感じない所が特徴です。

チーズがもたらすダイエット効果

1.太りにくい体作り
チーズにはビタミンB2が豊富に含まれています。
ビタミンB2は脂肪の溜まりにくい体を作ることができると考えられているため継続して摂取することで太りにくい体作りができるとされています。

2.脂肪の吸収を阻害する
チーズにはカルシウムが豊富に含まれています。
カルシウムには脂肪の吸収を阻害する働きがあるため、ダイエットに効果的です。

3.食べ過ぎ防止
チーズにはたんぱく質が豊富に含まれています。
たんぱく質を摂るとレプチンという満腹中枢を刺激するホルモンが分泌されます。満腹中枢が刺激されると脳は「空腹が満たされた」と感じるため、少量の食事でも満足することができます。
また、たんぱく質は消化吸収に時間が掛かるため、満腹感が長く持続します。そのため、間食の予防にもなります。

チーズダイエットの効果的な進め方

チーズダイエットにおいてチーズの調理法や食べる時間に特に決まりはありません。
食前や食後にチーズをそのまま食べる方法でも、チーズを使った料理を献立にする方法でも、間食でチーズを食べる方法でもダイエット効果が期待できます。
チーズの1日の摂取量も特に決まりはありませんが、あまり多過ぎるとダイエット効果を妨げる可能性があるため食べ過ぎには注意が必要です。
食べるチーズの種類はカッテージチーズ、モッツァレラチーズ、クリームチーズ、カマンベールチーズ、プロセスチーズなどがお勧めです。

チーズダイエットのポイント

1.バランスの良い食事を心掛ける
チーズは栄養豊富な食品ですが、1つの食材に偏ったダイエットは理想的ではありません。野菜や炭水化物などもしっかりと摂ってバランスの良い食事をするように心掛けることでダイエットをよりスムーズに進めることができます。

2.寝る直前にチーズを摂取することは避ける
チーズに含まれる脂肪分は他の食品に含まれる脂肪分より燃焼されやすいと言われていますが、寝ている間は消化率が下がるため、体に脂肪が蓄えられてしまいます。
ダイエットをしているつもりでチーズを食べていても、それが寝る直前では逆効果です。チーズに限ったことではありませんが、寝る3時間前には食事を済ませておくことが理想です。

3.ナチュラルチーズは加熱調理をしない
プロセスチーズは加熱しても栄養価にあまり変化がありませんが、モッツァレラチーズやカッテージチーズなどのフレッシュチーズは加熱すると栄養価が下がってしまいます。
豊富に含まれている栄養素が調理方法によって損なわれることはもったいないため、フレッシュチーズはサラダにしたりそのまま食べたりするようにするとダイエット効果だけでなく健康・美容効果が得やすくなります。

4.食事管理をしっかりと行う
チーズはワインなどの酒類、パンやパスタなどの炭水化物と相性がとてもいい食品です。
合う食材が多いため飽きがきにくいことがチーズダイエットの魅力の1つですが、それ故についお酒や炭水化物を摂取しすぎてしまう可能性があります。
チーズがきっかけで食べすぎてしまっては本末転倒です。腹八分目を目安に食事を用意するようにして下さい。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。