発酵食品キムチを使った効果的なダイエット方法

キムチは食べることで美容効果が得やすい食品であると言われています。キムチを食べるだけで美肌効果、美髪効果、便秘解消効果だけでなくダイエット効果も得ることができます。
キムチダイエットは美容に関心の高い方なら誰でも1度は試したいダイエット方法です。

キムチダイエットとは

キムチダイエットとは毎日の食事にキムチを取り入れるダイエット方法です。
キムチダイエットは置き換えダイエットではありません。3食のうち1食はキムチだけということがないため空腹を我慢する必要がなく、長続きさせやすいダイエットです。
ご飯や他のおかずと一緒にキムチを食べて良いため、辛いものが苦手な方でも無理なく続けることができます。

キムチがもたらすダイエット効果

1.整腸作用
キムチには乳酸菌と食物繊維が豊富に含まれています。
乳酸菌には腸内の善玉菌を増やす効果が、食物繊維は水分を含んで腸壁を刺激し排便を促す効果があるためキムチを毎日食べると腸内環境が整います。
善玉菌の数が増えると老廃物を排出しやすくなるため血液がサラサラになり、臓器の働きが良くなるため消費カロリーが増えます。便秘が解消するとぽっこりお腹がへこみ、見た目がすっきりとします。

2.代謝アップ
キムチに入っているニンニクにはアリシンという成分が含まれています。
また、キムチには発酵する過程でビタミンB1が増加します。
このアリシンとビタミンB1には糖の代謝を良くする働きがあります。つまり、キムチを食べることで一緒に摂った食事が素早くエネルギーに変わるため、体に脂肪がつきにくいということです。

3.脂肪燃焼効果
キムチを食べると唐辛子に含まれるカプサイシンを摂取することができます。
カプサイシンは血行を良くし、脂肪燃焼効果を助ける役割があります。

キムチダイエットの効果的な進め方

キムチダイエットの効果的な方法は1日の食事に30~50gのキムチを取り入れるだけです。1回の食事で50g摂取しても、1食につき15gずつ摂取してもどちらでも構いません。
一般的なキムチは白菜を漬けたものですが、きゅうり、大根など他の野菜のキムチでもダイエット効果があります。
食べるタイミングは食前、食事中、食後どこでも問題ありません。食前に食べると食べ過ぎ防止になり、食事中に食べるとダイエット中でも美味しくご飯が食べられ、食後に食べると整腸効果が向上します。
キムチは刺激物であるため、食べ過ぎは厳禁です。適切な量を守り、バランスよく食事をとることでダイエット効果が得やすくなります。

キムチダイエットのポイント

1.キムチの汁も摂取して栄養を逃さない
野菜を漬けていたキムチの汁にも野菜の栄養素が溶け出しています。また、キムチは発酵食品ですので発酵の段階でキムチの汁の中で増殖した栄養成分も豊富にあります。
捨ててしまうことが多いキムチの汁ですが、残さずに摂取することでより効率よくダイエットを進めることができます。

2.食事量をコントロールする
キムチは低カロリーな食品ですが糖質が比較的多く含まれているため、食事量をコントロールしなければ逆に太ってしまう可能性があります。
食事の際は炭水化物や他のおかずをいつもより少なめにして摂取カロリーや糖質の調整を行って下さい。

3.キムチの臭いが気になる方は臭い対策を行う
キムチにはニンニクが含まれているため食べると臭いが気になるという方も多いです。
そのような場合は食後にコップ1杯程度の牛乳を摂取すると臭いが気にならなくなります。
牛乳に含まれるタンパク質には臭いの素を抑える作用があるため、消臭効果が期待できます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。