発酵食品キムチに含まれる栄養成分、健康・美容効果

キムチは朝鮮発祥の食品ですが、ご飯のお供やお酒のおつまみ、料理の材料として使用できる幅が広いため日本の食文化によく馴染んでいます。
そんなキムチは美味しいだけでなく、健康や美容にとても良い効果をもたらす栄養成分を豊富に含んでいます。

キムチとは

キムチとは唐辛子、ニンニク、果物、魚介類の塩辛などを混ぜ合わせた漬け液に塩漬けした白菜などの野菜を漬けた辛味が特徴の漬け物のことです。キムチとは朝鮮語で「漬け物」という意味です。
日本の漬け物は重しをすることが多いですが、キムチは容器を密閉するだけで重しはしません。乳酸菌が持つ発酵熟成の力により独特のうま味が生まれます。
日本では白菜のキムチが一般的ですが、大根やきゅうり、魚介類のキムチも存在します。
キムチの本場韓国では、初冬になると本格的な冬に備えて各家庭で一斉にキムチ作りが行われます。この時期をキムジャンと呼びます。

キムチに含まれる栄養成分

キムチにはカプサイシン、カロチン、アリシン、スコルジニン、アラニン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれています。
キムチは薬効の宝庫とも呼ばれており、乳酸菌の含有率は日本の白菜の漬物の160倍にもなります。

キムチがもたらす健康効果

1.便秘解消
キムチには乳酸菌が豊富に含まれています。その量は1gあたり約8億匹と言われています。
キムチに含まれる乳酸菌はラクトバチスルという植物性乳酸菌の一種です。このラクトバチスルは胃酸にも強く、生きたまま腸まで届きやすい乳酸菌です。
ラクトバチスルは腸にいる善玉菌を増やす働きをします。善玉菌は排便を促す蠕動運動を引き起こす役割も担っているため、便秘解消に役立ちます。
また、キムチは食物繊維も豊富です。食物繊維には腸内で膨らんで腸壁を刺激して蠕動運動を起こす、ゲル状になって便を柔らかくし排便しやすくするといった効果があるため、これも便秘解消に繋がります。

2.高血圧予防
キムチにはタウリンが含まれています。タウリンは魚介類に多く含まれる栄養成分です。キムチはコクを出すために魚介類の塩辛も漬け液に入れるため、タウリンを摂取することができます。
タウリンには腎臓の働きを促進して、血圧を正常に保つ働きがあるため高血圧予防に有効です。

3.肝機能保護
キムチにはアスパラギン酸という栄養成分が含まれています。アスパラギン酸とはアミノ酸の一種で、利尿作用があります。
排尿は体内の余分な水分や塩分、体に溜まったアンモニアを外へ排出する役割があります。アンモニアは肝臓に負担をかけたり、中枢神経にダメージを与えたりするため、尿と一緒にアンモニアを排出することでそのような危険を回避することができます。

キムチがもたらす美容効果

1.ダイエット効果
キムチにはカプサイシンが豊富に含まれています。カプサイシンとは唐辛子に含まれる辛味成分のことです。カプサイシンを摂取すると脳から脂肪燃焼効果があるアドレナリンが放出されます。
つまり、キムチを食べてから運動をすると普段より運動効率が上がるため、ダイエット効果が期待できるということです。

2.冷え性予防
カプサイシンはダイエット効果だけでなく冷え性予防にも有効です。
カプサイシンは脳神経に作用して体を温めるホルモンを分泌する作用もあります。一時的に体温を上げるだけでなく、血流を改善して代謝を促進する働きもあるため根本的な冷え体質改善にも役立ちます。

3.美肌効果
キムチにはビタミンB類が豊富に含まれています。ビタミンB群は別名「美容のビタミン」とも呼ばれる成分で新陳代謝を良くする作用があります。
新陳代謝が良くなると、肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーがスムーズになります。新しくみずみずしい肌が作られやすくなるため美肌に繋がります。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。