ひとつに偏るのはNG発酵食品の菌を活かす効果的な食べ方

雑誌やメディアなどで「腸内環境を整えることが健康への第一歩」などと言われており、腸内環境を整えるために様々な取り組みをしている人も多いのではないでしょうか。腸内環境を整えるには食生活の改善が近道で、発酵食品は腸内環境を整える効果が期待されています。発酵食品を食べれば腸内環境が整うと思われがちですが、ただ食べればいいというわけではありません。今回は発酵食品の菌を活かす効果的な食べ方を紹介します。

発酵食品を食べて善玉菌を増やそう

発酵食品には乳酸菌や麹菌、納豆菌など発酵を促す微生物がたくさん存在しています。これらの微生物が活発に活動することで腸内環境を整えます。人の腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と呼ばれる3つの腸内細菌によって構成されています。善玉菌は腸内を健康な状態に保ち、私たちの体に有益に働いてくれる、いわばヒーローのような菌です。悪玉菌は大腸菌やブドウ球菌など生活習慣病やがんの原因を引き起こす菌です。そして腸内細菌の7割を占める日和見菌は、活動が活発になったほうの菌の味方となるため、善玉菌にも悪玉菌にも変化する可能性を含んだ菌です。腸内で善玉菌の活動を活発にするには、発酵食品を摂って善玉菌を増やすサポートをすることが必要です。発酵食品から発酵菌を体内に取り入れ、善玉菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖を摂ることが効果的です。

いろいろな発酵食品を摂ると効果的

発酵食品はたくさんの種類があり、私たちの身近なものだと納豆やキムチ、チーズやヨーグルト、ぬか漬けやたくあん、味噌や醤油、塩麹や醤油麹、甘酒などが挙げられます。サラミや生ハムなども発酵食品のひとつです。発酵食品=納豆とイメージが強く、発酵食品が体にいいからと納豆ばかり食べていませんか?納豆にしか含まれていない納豆菌などを摂ることができるので、毎日食べたい発酵食品ですが、ほかの発酵食品も合わせて食べたほうがより効果的です。納豆にキムチを混ぜたり、野菜サラダにチーズをトッピングして塩麹ドレッシングで食べたりと、いろいろな発酵食品を少しずつ取り入れるようにしましょう。

発酵食品は毎日食べることが大切

発酵食品に含まれる微生物の多くは、胃酸などで死滅してしまい、生きて腸まで届くのはわずかと言われています。特にチーズなどに含まれる動物性乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでにほとんどが死滅してしまいます。しかし死滅してしまった微生物も、腸内細菌のエサとなるため、不要なものではありません。死滅してしまった微生物も腸内ではプラスの働きをするため、積極的に取り入れることが効果的なのです。また、腸内細菌はビフィズス菌のように長く滞在するものから2日ほどで排出される通過菌など、常に入れ替わりを繰り返しています。良い菌の活動を活発にさせるには、毎日発酵食品を食べて発酵菌を取り入れることが大切です。

効果的な食べ合わせ3選を紹介

◎納豆+キムチ+オクラ

2種類の発酵食品とねばねば食材のオクラで、免疫力アップも目指せます。オクラの代わりにキュウリを合わせるのもおすすめです。

◎キムチ+切り干し大根

キムチには乳酸菌がたっぷりで、切り干し大根の食物繊維との相性が抜群です。切り干し大根をキムチで和えていただきましょう。

◎甘酒+フルーツ

甘酒は飲む点滴とも呼ばれ、健康効果が期待されています。フルーツのビタミンをプラスすることで美容効果も期待できます。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。