発酵食品お酢を使った効果的なダイエット方法

お酢は健康食としてだけでなく、ダイエット食としても人気の調味料です。お酢に含まれるクエン酸やアミノ酸がダイエット効果を生みます。
ダイエットに効くお酢の摂取方法はお酢を飲むタイミングや量がポイントです。正しい知識を身につけると、効率よくダイエットを進めることができます。

お酢ダイエットとは

お酢ダイエットとはいつもの食事にお酢を取り入れることで減量を行うダイエット方法のことです。
お酢はそのまま飲んだり、料理に利用したりして摂取します。
リンゴ酢やブルーベリー酢などの果実酢は糖分を多く含むためダイエット向きではありません。米酢などの砂糖を含まない酢の摂取がお勧めです。

お酢がもたらすダイエット効果

1.脂肪燃焼効果
お酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸には有酸素運動の前に摂ることで脂肪燃焼効果を高める働きがあります。
お酢を飲み続けると脂肪燃焼効果が高まるだけでなく基礎代謝量が上がり、痩せやすい体へと変化していきます。

2.新陳代謝がアップ
お酢にはクエン酸が豊富に含まれています。
クエン酸は疲労回復効果がとても高い栄養素です。定期的にクエン酸を摂ることで疲れにくく、新陳代謝がしやすい体質になります。

3.むくみ解消
お酢には利尿作用があります。むくみの主な原因は体内に溜まった余分な水分です。水分が足先など血流の弱い所に溜まるため、むくみが起きます。
尿として余分な水分を体外へ排出することで体内の水分過多の状態を解消できるため、見た目がすっきりとします。

お酢ダイエットの効果的な進め方

お酢ダイエットの最も基本的な進め方は1日にお酢を15~30ml摂取するという方法です。
摂取方法は自由です。そのまま飲んでも、料理に利用しても構いません。料理に利用する場合は酢の物やサラダなどにし、酢を加熱しないようにすると栄養成分が損なわれません。酢の物には砂糖を入れすぎないように気をつけ、残った汁も飲むようにして下さい。
一度に大量のお酢を飲むと胃に負担をかけてしまう可能性があるため、飲んで摂取する場合は1回の量を5~10ml程度に制限することをお勧めします。
お酢を摂取するタイミングは食事中や食後、お風呂上がりがお勧めです。
お酢には食欲増進効果があるため、食事前に摂取すると食べ過ぎてしまう可能性があるため注意が必要です。

お酢ダイエットのポイント

1.お酢を摂取しすぎない
ダイエットの失敗で最も多い間違いが減量を焦るあまり、ダイエット効果があるとされている食品を食べすぎたり飲みすぎたりしてしまうことです。
一度に大量に摂取をしてもダイエット効果が高まる訳ではありません。お酢の場合は摂取しすぎると胃に負担がかかったり、気分が悪くなったりする可能性があります。
適量を守り、バランスの良い食事を心掛けることがダイエットへの近道です。

2.運動を取り入れる
お酢のダイエット効果は主に脂肪燃焼効果を上げることと、代謝を上げることです。
飲むだけでもダイエット効果が期待できますが、お酢によって痩せやすい体ができあがるので、運動を取り入れるとより効率的にダイエットを進めることができます。
運動はウォーキングやランニングなどの有酸素運動がお勧めです。

3.飲んだ後口をゆすぐ
お酢は強い酸性のため、成分が長時間口の中に残っていると歯を溶かす可能性があります。溶けた歯は虫歯になりやすい状態です。
虫歯を引き起こすダイエットは健康的とは言えません。虫歯対策として、酢を摂取した後は口をゆすいでお酢の成分が口の中に残らないようにすれば安心です。

発酵食品  発酵食品

コメントは受け付けていません。